スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小島がサクラシティの事業を変えていく決定した大きな理由

都心 東京 高層ビル群

まず関係者の皆様には今回の件にて色々とご迷惑お掛けしていることをお詫び申し上げます。

今回は取り急ぎのブログエントリーとなってしまうことをお許し頂ければと存じます。



4月14日更新分のブログエントリーでサクラシティが大きく変わる決定をしたと触れたかと思います。

これの一環として、ちょうど一年前に移転した日本橋本社を撤退することを決定しました。

実際は撤退と表現せずに移転と表現しても問題無いのですがこのブログでは撤退と表現させてください。



サクラシティとして従来までの経営スタンスは「ひたすらに走る。ガンガン前へ」というスタンスでした。

これは、私の今の心中として変わってはいませんし、これからも変わらないという風に考えています。

しかし少し前から、この経営スタンスではうまくやっていけないという心理的切迫感があったのも事実です。



言葉で表現することは難しいのですが「芯」と言う表現と言いますか「コア」と言う表現の方が正しいでしょうか。

中学生の頃に感じた、あの気持ちを可視化することが出来ずに厳しい表現になりますがノリと勢いだけで、

周囲の方々を巻き込めるものはなんでも巻き込むという状態で創業以来9年走ってまいりました。



しかし、この会社はどういう方向性に向かい何を目指していきたいのか。それは自分たちに合っているのか。

日に日にサクラシティの成長性を実感していくなか、長期的目標を打ち出す必要性に迫られていました。

しかし、その目標を生み出すに当たって非常に大きな壁にぶち当たってしまいました。



それは私自身がひたすら走ってきた人間だったこともあり感覚的行動に近い行動プロセスを可視化する作業は、

想像以上に難しく。と言うよりは人に伝えるためのプロセスを難しく考えすぎてしまった事に悩んでしまいました。

可視化しないで粘り強く語り続けるという方法もあったかもしれませんしプロセスは何通りもあると思います。

どれを選んだとしてもそれはそれで問題はないと思っています。ただ自分にそれは合わなかったというだけです。



その可視化するという作業は「なぜ小島猛稔は起業するに至ったのか」という原点回帰にまで到達してしまい、

その結果、遅くて笑われてしまいそうですが9年目にして企業理念としても納得のいくものが出来ました。

私が企業理念を見つけた際にエントリーしたブログはこちらから読むことができます。



これらの動きはITに関してはなんでもやるにするという体制によって企業成長を考えていたサクラシティが、

なんでもやっていることが返って疲弊を招いてしまい専門性が失われているのではないだろうかという考え、

これらの現状を打破するためにも一度、サクラシティとしてはリセットすべきだろうという結論に至りました。



サクラシティをリセットするという事は即ち私自身もリセットするという事と同義だと思っております。

環境を変えようが従業員を刷新しようが私自身が変わっていかないことには何も変化は起こりません。

これらの事を踏まえてサクラシティとしての新しいステップを踏み出すためにもコンパクトになる選択をしました。



実際には原点回帰している企業理念ではあったのですが一巡してようやく戻ってきた形になります。

この企業理念から派生していき構築してくであろうサクラシティは今とは別物になっていくだろうと考えます。

「ひたすら走る。ガンガン前へ」というスタンスはこれからも変わらず。でも何でもやるという訳ではないからです。



成長性を前提とした戦略の前にはどんどんやっていくというバブル状態を前提とすれば良いために、

「何でもやる=何も出来ない」という事など気にせず突っ走っていくという事のみが自己を支えると思います。

しかし、それが一度崩壊の兆しを見せてしまったら最後。脆くも崩れ去ってしまう可能性も内包しています。



しかし、サクラシティという会社は従来まではその可能性は内包していたままに成長を続けていたと思います。

これらの成長が止まってしまった時、ただ嘆くだけではなくてどうしたら良いのかの解が今回の決定です。

今、リアルタイムで起こっている事をエントリーとしてまとめているのでまとまった文章ではないかもしれませんが、

新生サクラシティとしての動きを進めていく前に書き留めておきたかったのでエントリーしてみました。



新しい動きを行っていくためにも現状をきちんと整理することに今は注力したいと思っております。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

アクセスアップが増加することが売上アップに直結しないならどうすればいいか【後編】

菜の花畑

昨日のブログでは以下の様な文面で締めくくりを行いました。

では。直結しないことは分かる。そうなると売上アップに繋げるにはどうしていけばいいのか。

後編のエントリーでは4月以降に私のブログへのアクセス結果についての変化を元にしながら、

アクセスアップが売上アップに直結しないならば何に重点をおけば良いかを考えたいと思います。

小島猛稔の業務丸投げ日記  アクセスアップが増加することが売上アップに直結しないならどうすればいいか【前編】



早速、私のブログの最新の状況を見つつこれらの問題について考えていきたいと思っております。



まず先月からの顕著な変動としてブログへのPV数の比重が非常に増えたという所が挙げられます。

4月1日~4月15日までのPV数を集計すると727PVという数値となるのですが3月1日~3月31日までの、

三月いっぱいのブログへのアクセス数と比較して既に半月で上回っているという状況です。



ではアクセスを流入させている源泉はどこからのアクセスが増えているのかを調べました。



流入元ベスト5

organic 26%(1%UP)

twitter 12%(4%DOWN)

facebook 12%(20%DOWN)

direct 16%(1%UP)





これらを確認し顕著なのは検索エンジンからの流入が全体の20%強を占める形のアクセスとなった事です。

4人に1人の方は検索エンジンからキーワード検索によって私のブログに到達しているという計算になります。

これはソーシャルメディアからのアクセス流入が主なアクセス比重だったものが、

検索エンジンからの流入で少しずつ比重が減っている傾向を示していると考えられます。



この検索エンジンからのユーザは飲食店で考えると向かいの通りを歩いている人という状態です。

さらに当ブログに到達をしているという事は外に置いてあるメニューやたて看板などを見ている状態で、

「お、このランチ気になる」ということで立ち止まってくれている状態であると捉えることが出来ます。



この時、営業熱心な飲食店であればどの様な行動を取るかイメージしてみてください。

例えばお店に出て「すぐご案内できますよ~」というアナウンスと共にお客様を呼び込みしますね。



この様に「迷っているお客様」の背中をポンと押すという施策が重要になってくると考えています。

かつ、「迷っているお客様」は何かのきっかけで立ち止まり道端のメニューを見ているわけです。

今回の場合であれば「ランチ」という決められたジャンルについての角度での提供サービスが、

「迷っているお客様」を生み出すことに成功し一押しで来客に繋げるという施策を生み出すと思います。



アクセスアップが売上に直結しないという事は先に述べたとおりではあるのですが売上に直結させる前に、

何段階かのプロセスを経て初めて売上として繋がっていくというカタチを作り上げることにこだわり、

これをスクラップ&ビルドで段々と近づけていくことでしか売上アップへの道はないと思う所です。



ちなみに私のブログの各エントリーごとにアクセス集計もし始めた所ではありますが、

このアクセス集計も面白い結果になり始めています。



エントリー別アクセス集計ベスト5

1、業平橋駅からとうきょうスカイツリー駅に。愛称も東武スカイツリーラインに。

2、Google アナリティクス管理権限ってどうなっているのかな。

3、サクラシティは今日で9周年を迎えました!

4、Google アナリティクスはアクセスアップのためのサービスなのか。

5、3月のアクセス解析結果です



嬉しいことにGoogle アナリティクスについてのエントリーに対してアクセスが集中し始めていることが分かります。

サクラシティが考えている今後のビジネスモデルにはアクセスデータの分析や解析などは欠かせないものになります。

これらのエントリーが読まれるようになった背景には段々とお店の前でメニューを眺める人は増えた状態である。

だから、この先「一押し」をどうしていくのかという所が課題であるという問題も内包しているとも言えますね。



これらの事を考えますと売上アップとアクセスアップは直結はしないのだが売上アップとなるための施策が重要。

また、アクセスアップをしていくという事は大前提であるが目的を絞ったアクセスアップを目指していくこと。

そしてアクセスをあげるための施策に成功して売上アップに繋がらないと考えることは時期尚早であること。

これらの事を自分なりのコンテンツでループさせられるようになると売上に繋がるといった所でしょうか。



皆さん。アクセスアップをするという事は大前提になります。まだ見知らぬ人からのアクセスであればなお良い。

それをきちんと問い合わせ→売上につなげる為の「一押し」に拘っていけるようにしてみてくださいね。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

アクセスアップが増加することが売上アップに直結しないならどうすればいいか【前編】

菜の花畑

アクセスアップという言葉。中小零細企業のウェブ戦略の場においてかなり耳にするキーワードです。

自社サイトへのアクセスが少ないから多くの人に見てもらえるようにしたい。そして売上に繋げたい!

個人飲食店なども含めると実質的にはかなりの人が悩み考えている問題ではないのではないでしょうか。



しかし、ここに一つ大きな問題点が生じています。それは「アクセスアップ=売上」ではないという所です。

ダイレクトメールやチラシ、看板広告、紙面広告などを想定すると非常に分かりやすいのではないでしょうか。

まず、これらの物は打っただけですぐに反応が返ってくるわけではありませんよね。反響率が大きく響きます。



これはウェブの場合も一緒ですからメディア毎に反響率がどう変わってくるのかと言う指標がまず重要です。

更に言えばウェブはウェブのメディアではないので一括りとして考えることに無理があるのではないでしょうか。

ウェブの中にも自社サイト・ソーシャルメディア・ブログ・メルマガなど色々な括りの配信形式があります。



これらの配信形式がどの様な特性を持ち、どの様に使うと有効的に使えるのかを考えて使うと望ましいでしょう。

さらにウェブの場合にはポスティングされるわけではないのでエンドユーザが自分で媒体と接触をしなければ、

画面上で自分たちのメッセージを視認させることが出来ないという大きな特徴があることも挙げられるでしょう。



逆の見方ではエンドユーザは何かしらの動作をした結果に画面上に自分たちのメッセージが表示されるわけですから、

そのエンドユーザはポスティング系のものと比較した場合には興味関心の高さという軸で切って考えてみると、

非常に興味関心が高いという状態で接触していることは間違いないという考え方も出来ると思います。



それではアクセスアップすること自体が直接的に売上アップになるような形での回答にはなり得ません。

つまりアクセスアップが売上アップに直結するという形は有り得ないという結論になると思います。



では。直結しないことは分かる。そうなると売上アップに繋げるにはどうしていけばいいのか。

後編のエントリーでは4月以降に私のブログへのアクセス結果についての変化を元にしながら、

アクセスアップが売上アップに直結しないならば何に重点をおけば良いかを考えたいと思います。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

4月中の週末もフル稼働をしております

富士山と桜

4月に入りサクラシティの環境が大きく変わりそうな決定をしました。

現状では状態が落ち着いていないのでどこまでをブログに書けばいいのか。

まだ現段階においてお伝えすることは難しいのですが自分としては後悔していません。



只今、ブログの更新時間なども非常に不安定な状態になっていることをお詫び申し上げます。

これらは上記の内容に起因する問題で色々な会社さんと打ち合わせを設ける機会を頂きまして、

サクラシティ。ひいては小島猛稔が何を目指していてどういう方向へ進みたいと考えているのか。



その全容を皆さんに関係各所に対しましてご説明するお時間を頂いている関係もありまして、

なかなかエントリーの時間を安定した時間にて投稿することが難しい状況にあります。

また、このバタバタは4月いっぱいは恐らく続く形になるのではないかと考えております。



ブログを楽しみにしてくださっている方が多くいらっしゃるかどうか不明ですが(笑)

きちんと毎日更新のペースは維持した状態で現状の更新は進めている形ですので、

皆さん、飽きずに「小島猛稔の業務丸投げ日記」をよろしくお願い申し上げます。




なお近況ですが近日中に現在のお客様や関係先などへご事情を説明する機会などを設けている形です。

その後にはブログのエントリーにて今後のことについて触れる事が出来るかと思っています。

いずれにせよ。この週末とは言えフル稼働にて色々と動いていきたいと思っています。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

インターネットからの問い合わせが増えると嬉しい理由は「やり方」の合意が取れる所にある

女性とパソコン サポートイメージ

先日このエントリーで話題にしましたDIKの金子さん。

実はお会いする機会が近日中にあるとお伝えしましたが昨日お会いしてきちゃいました!



最後になりますが、これもまたふとしたきっかけにて近日中に金子さんとお会いできる機会を頂けるとの事で、

「ウェブ系社長二人が語るウェブ本当に必要なこと」と題し配信可能であるならば配信したいもんですね。

もし配信するのにご興味がある方がいらっしゃいましたらfacebookでもTwitterでもブログでも構いませんので、

「配信を希望するぞ!」という事で参加表明を。もし、いらっしゃるようであれば検討させて頂きます。

小島猛稔の業務丸投げ日記  芸能人のブログを参考にしてもブログは成功しない大きな理由





配信をするかもというお話をしていたのですが、あまりにも話題が盛り上がってすっかり忘れてしまいました。

そこでのお話は同業者としてのかなりのヒントがありましたので忘れないうちにメモを残しておきたいと思います。

ちなみに金子さんのブログにも、本対談の件でエントリーがされていますが必読です!



まず中小零細企業に対してウェブ戦略が難しいという共通認識の元に何が難しいのかを考えました。

色々な事象について触れ切り口を考えてみたものの私の中で印象的だった話題がひとつ。

それは「決めるまでの段取り」と「決まった後の段取り」についてです。



これは人と人との付き合いという粘着性の高さに依存する部分が大きく関わりますが、

中小企業の場合にはスタートまでの速度が極端に早い場合があるが大手企業は時間が掛かるが、

スタートしてからのリリースまでの速度感は、その逆になるのではないかという感覚が共通したという所です。



これには、色々な理由があるとは思っているのですが私が考える一つの理由に、

中小企業の場合、ウェブが自社のビジネスに直結している訳ではなくチャレンジという要素が大きい。

逆を言えば最終的な決定を下すのは経営陣。とりわけ社長をおいて他にいないという所。

大手企業の場合、各人の目的や役割がはっきりしているが故にゴール設定が明確で、

担当者への権限譲渡が進んでいるという点とゴールを達成しなければ成績にならないという点ではシビアである。

これらの点が大きく関わっているのではないかと考えています。



中小企業の社長は色々なことを勉強しています。全知全能に近い方も多くいらっしゃることも事実。

しかし、全知全能には矛盾が指摘されているように完全という言葉は存在しないという事も事実です。

あれも!これも!どれもウェブに入れて検討したい!という思いが不完全を生み出してしまう矛盾にはまり、

結果的には「何も出来なかった」という事態を招いてしまうことも有り得るのでは無いかと考えます。



大手企業の場合はどうでしょうか。昨今の経済状況の変化によってグループ間によるお付き合いによる発注。

これは今でも十分に有り得る所ではあると思いますが、増大してしまう中間コストの削減に対応するために、

常に新しい取引先を探している=例えばコスト削減に成功すれば、それは担当者としての大きな功績にもなります。



これらを考えますとゴール設定が明確化している内容に寄り添う為には何より私たちの自社サイト自体が、

ゴール設定を明確化した形による提供を行わなくては合う合わないという判断すら出来ず結果的には、

「ここには発注は出来ない」という判断を生んでしまうのではないかと私自身は考えました。



これだけニュースで中小企業がクローズアップしている現在では中小企業を怪しい企業であると、

一方的な見方をするような大手企業の担当者が減っているということも現実的には事実だと思います。

但し、星の数ほどある企業の中から「どの会社がニュースで取り上げられるような中小企業」なのか。

宣伝広告費を大手ほどかけられない中小企業には大手企業の担当者から見れば至難の技であり、

その技を補助する役割として自社サイトを充実させていく中で補完する必要性があるのではと思います。



恐らくはインターネットからの問い合わせが増えた所でフリーハンドに値段設定が可能であるという点や、

儲かって儲かって仕方が無いという世界は虚構に近い世界であり従来の中小企業営業と比較した場合には、

よりビジネスが始まる前の手続きなどを含めて、よりシビアな世界でのやり取りが増えるだけとも考えられます。



しかし、インターネットからの問い合わせの良いと私が考えている理由は私たちの理念や行動などを含め、

「なぜ私たちはこのビジネスをしているのか。その理由。」を明記しご理解を頂く前提が出来るところにあります。

フリーハンドに値段設定が出来ることは有り得ないとは思いますが少なくとも従属性の薄い形による、

「私たちが考えている仕事のスタンス」についての合意を得た上で仕事が出来るのではと考えました。



これは「自社のアイデンティティを確立する」ことが自立に繋がっていると考えている私にとって、

インターネットから問い合わせが増えることで一番嬉しい理由ではないかなと考えています。

皆さんは「インターネットから問い合わせが増えると嬉しい理由」をどの様に考えますでしょうか。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。