スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットからの問い合わせが増えると嬉しい理由は「やり方」の合意が取れる所にある

女性とパソコン サポートイメージ

先日このエントリーで話題にしましたDIKの金子さん。

実はお会いする機会が近日中にあるとお伝えしましたが昨日お会いしてきちゃいました!



最後になりますが、これもまたふとしたきっかけにて近日中に金子さんとお会いできる機会を頂けるとの事で、

「ウェブ系社長二人が語るウェブ本当に必要なこと」と題し配信可能であるならば配信したいもんですね。

もし配信するのにご興味がある方がいらっしゃいましたらfacebookでもTwitterでもブログでも構いませんので、

「配信を希望するぞ!」という事で参加表明を。もし、いらっしゃるようであれば検討させて頂きます。

小島猛稔の業務丸投げ日記  芸能人のブログを参考にしてもブログは成功しない大きな理由





配信をするかもというお話をしていたのですが、あまりにも話題が盛り上がってすっかり忘れてしまいました。

そこでのお話は同業者としてのかなりのヒントがありましたので忘れないうちにメモを残しておきたいと思います。

ちなみに金子さんのブログにも、本対談の件でエントリーがされていますが必読です!



まず中小零細企業に対してウェブ戦略が難しいという共通認識の元に何が難しいのかを考えました。

色々な事象について触れ切り口を考えてみたものの私の中で印象的だった話題がひとつ。

それは「決めるまでの段取り」と「決まった後の段取り」についてです。



これは人と人との付き合いという粘着性の高さに依存する部分が大きく関わりますが、

中小企業の場合にはスタートまでの速度が極端に早い場合があるが大手企業は時間が掛かるが、

スタートしてからのリリースまでの速度感は、その逆になるのではないかという感覚が共通したという所です。



これには、色々な理由があるとは思っているのですが私が考える一つの理由に、

中小企業の場合、ウェブが自社のビジネスに直結している訳ではなくチャレンジという要素が大きい。

逆を言えば最終的な決定を下すのは経営陣。とりわけ社長をおいて他にいないという所。

大手企業の場合、各人の目的や役割がはっきりしているが故にゴール設定が明確で、

担当者への権限譲渡が進んでいるという点とゴールを達成しなければ成績にならないという点ではシビアである。

これらの点が大きく関わっているのではないかと考えています。



中小企業の社長は色々なことを勉強しています。全知全能に近い方も多くいらっしゃることも事実。

しかし、全知全能には矛盾が指摘されているように完全という言葉は存在しないという事も事実です。

あれも!これも!どれもウェブに入れて検討したい!という思いが不完全を生み出してしまう矛盾にはまり、

結果的には「何も出来なかった」という事態を招いてしまうことも有り得るのでは無いかと考えます。



大手企業の場合はどうでしょうか。昨今の経済状況の変化によってグループ間によるお付き合いによる発注。

これは今でも十分に有り得る所ではあると思いますが、増大してしまう中間コストの削減に対応するために、

常に新しい取引先を探している=例えばコスト削減に成功すれば、それは担当者としての大きな功績にもなります。



これらを考えますとゴール設定が明確化している内容に寄り添う為には何より私たちの自社サイト自体が、

ゴール設定を明確化した形による提供を行わなくては合う合わないという判断すら出来ず結果的には、

「ここには発注は出来ない」という判断を生んでしまうのではないかと私自身は考えました。



これだけニュースで中小企業がクローズアップしている現在では中小企業を怪しい企業であると、

一方的な見方をするような大手企業の担当者が減っているということも現実的には事実だと思います。

但し、星の数ほどある企業の中から「どの会社がニュースで取り上げられるような中小企業」なのか。

宣伝広告費を大手ほどかけられない中小企業には大手企業の担当者から見れば至難の技であり、

その技を補助する役割として自社サイトを充実させていく中で補完する必要性があるのではと思います。



恐らくはインターネットからの問い合わせが増えた所でフリーハンドに値段設定が可能であるという点や、

儲かって儲かって仕方が無いという世界は虚構に近い世界であり従来の中小企業営業と比較した場合には、

よりビジネスが始まる前の手続きなどを含めて、よりシビアな世界でのやり取りが増えるだけとも考えられます。



しかし、インターネットからの問い合わせの良いと私が考えている理由は私たちの理念や行動などを含め、

「なぜ私たちはこのビジネスをしているのか。その理由。」を明記しご理解を頂く前提が出来るところにあります。

フリーハンドに値段設定が出来ることは有り得ないとは思いますが少なくとも従属性の薄い形による、

「私たちが考えている仕事のスタンス」についての合意を得た上で仕事が出来るのではと考えました。



これは「自社のアイデンティティを確立する」ことが自立に繋がっていると考えている私にとって、

インターネットから問い合わせが増えることで一番嬉しい理由ではないかなと考えています。

皆さんは「インターネットから問い合わせが増えると嬉しい理由」をどの様に考えますでしょうか。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

アクセス解析で検索キーワードが取れなくなるかもしれないです

google-analytics-logo.png



Google アナリティクスを確認すると検索サマリーの一覧に"(not provided)"というキーワードを見かけませんか?

下の画像は私のブログである小島猛稔の業務丸投げ日記より三月の検索サマリーを参照してみた結果ですが、

"(not provided)"が一番引っかかっている形となりますが実は"(not provided)"で検索している訳ではありません。



np_img01.jpg



実はこれ。Googleが検索エンジンの通信形式の仕様を一部変更した為に表示されるようになった文字列なのです。

昨年に既に米国版Googleでは一部仕様変更がされており日本語版がいつ頃の適応になるかという流れでしたが、

先月の三月より検索データで目立つようになったことからも先月辺りからの適応だったと考えられます。



10月18日に、Googleは、ウェブ検索のSSL(HTTPS)化を進めることを発表しました。 これは、グーグルにログインしているユーザーが、Google検索を行う場合、これまでのhttp(通常アドレス)ではなく、SSLで通信が暗号化されるhttpsになるように、今後数週間にわたって変えていくというものです。

(中略)

実は、暗号化してしまうと、これまでのアクセス解析の仕組み上、 どんな単語で検索してサイトに辿り着いたかが、調べられなくなります。

(中略)

GoogleのSSL化による、アクセス解析への影響





これにより、Googleアナリティクスを含むアクセス解析ツールではGoogleのオーガニック検索のキーワードを取得できなくなります。

(中略)

それは「Googleアカウントにログインしているユーザーにだけ適用される」ということです。

(中略)


GoogleのSSL検索の影響はどのくらい? ~ ログインユーザーは11%という調査データあり





各エントリーで触れていますがに今回の措置はGoogleアカウントへのログイン状態が

アクティブ状態かつGoogleを通じて検索をかけたを掛けた場合のみSSL化されるという形です。

その為、Googleでの公式アナウンスでは全体の10%程度での影響範囲という見解を示しており、

それ以外の非公式の調査レポートなどを通じたリサーチも11%という数値を示しています。



では、肝心の私のブログは三月に"(not provided)"はどの程度であったのかを調べてみました。

先のスクリーンショットでも触れている形ですが改めてまとめた所、下の様になりました。



検索リクエスト回数・・・86回
"(not provided)"の出現回数・・・17回
出現率・・・19.76%





"(not provided)"の出現率は19.76%ということで公式やリサーチ結果ほどに数字は安定していないものの、

全体の二割では突出した割合で検索キーワードが取れなくなったという印象を持つという形でもありません。



また私のブログの場合には私のようなIT業界に関連した人物が書くブログという事もあり、

Googleアカウントに常時ログインしているユーザを多く有することに引っ張られるサイトの場合には、

確実に影響が出ますので検索キーワードの割合としては確実に減退することになるかとは思います。

Googleやその他で触れられている影響範囲というのは概ね正しい数値として根拠を持つと考えられます。

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

芸能人のブログを参考にしてもブログは成功しない大きな理由

女性とパソコン サポートイメージ
合資会社サクラシティから株式会社サクラシティへの組織変更を過去に検討した時期がありました。

その組織変更の際に「合資会社 株式会社 組織変更」などのキーワードにてGoogle先生にお世話になると、

株式会社DIK(旧合資会社DIK)の金子社長のブログに辿りつきました。

※リンク先にて当時の私の拙いコメントとそれに丁寧に回答してくださる金子さんのやり取りを見ることが出来ます



その後は、コメントを残したのみとなってしまいまして株式会社化されたことは存じていたのですが、

その後、ある事から埼玉中小企業家同友会という団体を通じまして金子さんとは近しい関係になったのですが、

ニアミスが多く直接的にお会いできる機会は現在まで叶わずという状況が続いております。



しかし、その金子さんのブログにて最新のエントリーに少し面白いネタが投稿されておりましたので、

そちらのエントリーについて私も同業界として考える内容をエントリーしたいと考えています。



大手食品会社のアクセス状況を調査しているのですが、アクセス数を増やす秘策がわかりましたので、報告します。と・・・もったいぶっていますが、結論は、ページ数(index数)を増やすしかない!ということです。

(中略)

なんと、ページ当たりのアクセス数は、大手も中小もあまり変わらなかったという比較例です。

(中略)

外部ブログやFacebook、YouTubeに労力をかけるのもいいですが、それ以前に、基礎体力をつけるという意味で、自社サイトの充実が大きな課題となりそうです。

競合サイトのアクセス状況を調査するサービスを開始|DIK スタッフブログ|WEBデザイン&マーケティングのディーアイケイ





自社サイトのコンテンツを増やすという法則性はIT経営実践会の参加しているメンバーの中でも、

ウェブより集客に成功している中小企業のウェブサイトを拝見すると納得の行く法則性です。

しかし私、小島猛稔がお送りしている「小島猛稔の業務丸投げ日記」は外部ブログを使用しています。



もちろん、自社サイトにおいて自社コンテンツを増やしていくのは重要だと思います。

しかし「重要だ!」と分かってはいるんだけど行動に起こせない・・・そんな方って多いのではないでしょうか。

コンテンツを作るためにはデザインやテクノロジーを検討する前に必ずしなくてはいけないことがあります。



それは「コンテンツの中身」についての検討。「自社にはどんなコンテンツがあるか」を検討するという事です。

実際の所を考えてみますと外部ブログを頑張っていたとしても、その外部ブログは定点的に分析をしていますか?

ただ闇雲に日常起きたことやニュースについての感想など、そのブログは日記になってしまっていませんか?



私が考える重要な側面は「あなたの会社が持っている輝きを自ら見つける」トレーニングとして、

まずは外部ブログでも何でも構わないのでやり始めてみるということが重要なのではないかと思っています。



正直な所を申し上げて弊社サイトである合資会社サクラシティのサイトには納得がいっていません。

それは、かなり昔にサイトを作った当時のまま放置状態にあるという事も理由としてはあげられるのですが、

今の私が考えている事、やっていきたい事など実体を反映していくサイトにしていきたいと思っているものが、

なかなか反映されずサイトとしての役割を果たすことが出来ないと考えているからです。



まずサイトを作るとしてもインターネットのサイトには「原稿(ライティング)」が必須です。

この「原稿(ライティング)」が出来上がらないことには具体的には何も進展しません。

では、この「原稿(ライティング)」を具体的に進めていくためにはどうすれば良いのだろうか。



それは代表自らが自分が考えているメッセージをアウトプットしていくトレーニングを繰り返し、

その中で自分の価値観やサイトでお客様でどの様なことを伝えていきたいかに焦点を合わせること。

日記的な記事を毎日更新していくという事も継続性という意味でそれはそれで重要ではあるのですが、

それだけではお客様は何が伝えたいのかを理解して頂くことは非常に難しいと考えています。



上記のことがあり私はサクラシティのサイトを変えていくよりも先に私のブログを先行して更新し、

自分自身が自分自身のことをきちんと書き上げ、それがゆくゆくはセルフプロデュースに繋がり、

サクラシティのサイトのコンテンツをガンガン仕上げていく。その前段階にチャレンジするという意味で、

小島猛稔の業務丸投げ日記を毎日更新を目指して更新を続けているという目的があります。



芸能人のブログでは非常に短い文面ではありますがコメントが非常に沢山付く例を見かけるでしょう。

しかし、それははっきり言ってしまえばその芸能人の「パーソナリティ」が周知の事実であることにより、

「プライベート」という見えない点が有効的に作用するとは考えられないでしょうか。



私たち中小企業の場合には非常に厳しい話をすれば無名からのスタートだと言っても過言ではありません。

その無名な私たちが芸能人ブログと同じように「今日は何を食べた」「今日はどこどこへ行った」と、

読者に対して伝えようとしても、それが有効的に作用するのは「ソーシャルメディアの知人」まででしょう。



これを書いてしまうと「それでは何を更新していったら良いのか分からない!」という声を耳にしますが、

もちろん、やってはいけないという事ではありません。そういう更新だって経営者としては必要です。

逆にいかにも宣伝すぎるコンテンツはインターネットである以上は嫌煙されてしまう方向性なのも事実です。



つまり、ここが「コンテンツを生成していくこと」の非常に難しい所でありチャレンジしなければいけない所。

もし、チャレンジが出来ないのであれば、そこに重点をおいているウェブのスペリャリストに依頼すべきです。



しかし、まず外部ブログからでも構いません。自分が感じている仕事における「なぜ?」「どうして?」という、

その仕事で飯を食っている自分なりの「切り口」をきちんと文章化し外部に発信していくという作業こそが、

中小企業におけるウェブ戦略としての根幹を担っている部分ではないかと私は考えています。



いずれにしても、自分がやっているプロとしての仕事の角度から見た世界や自分自身が見る世界などを、

きちんと可視化して発信し続けていくことが一番王道な形での中小企業のウェブ戦略だと考えます。



金子さんと私は言いたいことは一致しているのですが私は「まずはやれ」を前段として重要視しているイメージです。

金子さんのブログにはいつも視点が鋭く面白いと感じる記事を多く投稿されていると感じており、

非常に目的意識が高くお客様のためを考えているウェブ系の会社さんだと思っています。



最後になりますが、これもまたふとしたきっかけにて近日中に金子さんとお会いできる機会を頂けるとの事で、

「ウェブ系社長二人が語るウェブ本当に必要なこと」と題し配信可能であるならば配信したいもんですね。

もし配信するのにご興味がある方がいらっしゃいましたらfacebookでもTwitterでもブログでも構いませんので、

「配信を希望するぞ!」という事で参加表明を。もし、いらっしゃるようであれば検討させて頂きます。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

フランチャイズ経営でも一手間を入れるだけで違うかもしれません

店舗・古民家

経営ノウハウをそのまま継承して直ぐに始められるという印象が強いフランチャイズ経営。

確かにフランチャイズ経営での経営方法は低コストでの事業拡大というメリットが存在し、

大きなブランドの傘の中で行える経営メリットもこれもまた魅力のひとつだと言えるでしょう。



しかし最近ではコンビニエンスストアのフランチャイズ経営において廃棄処理のお弁当の問題や、

手軽な契約が行えるように見えて実はフランチャイズ本部から適切な経営モデルの指導が入らないなど、

フランチャイズでの店舗経営モデルにも大きな変化が顕在化しつつあるというのが現状です。



そんな中でもフランチャイズ店舗を経営して生き残っていく為には一体どうしていけば良いのでしょうか。

私は「地域色に合わせた独自サービスの展開」にヒントがあるのではないだろうかと考えています。

もっと簡単な所で表すと「一手間をかけた」サービスの提供と言っても良いのかもしれません。



フランチャイズ本部からの指導に従い店舗経営を行っていくことは第一前提ではあると思いますが、

居酒屋であれば可能であれば地域特色に合わせた限定メニューの提供や仕入れ経路の地産調達。

コンビニの場合でも少しの地域特色を出したポップ配置などを考えるなど「一手間」は沢山あります。



フランチャイズ経営の良い所は良い所として十分に活かしていけるように考えていくと良いと思いますが、

バイトの確保だけに苦心してしまっているようでは店長と状況は変わらずオーナー兼店長のような、

フランチャイズ経営を行っている事業主については非常に苦しい戦いを強いられる事は容易に想像がつきます。



やはり、一国の城主としてフランチャイズ経営と言えども「一手間」が出来ないかどうかを常に考え、

「趣向を凝らしたサービス」をお客様に提供していくことこそが売上高アップへ繋がる鍵だと思います。



ウェブの場合にも「一手間」は重要です。誤解を恐れずに申し上げれば「一手間」にはお金をかけるべきです。

その「一手間」というものは事業主側に時間的余裕があるのであれば極力、事業主で行えることが望ましい。

しかし、事業主が本業に集中するという時間とを天秤にかけて考えた結果では外に出すという選択肢もありです。



フランチャイズ経営にも言えることではあると思いますが「一手間」程度の際によってだけでも、

(立地だったりということもありますが)収益モデルにも大きな影響をもたらす場合もあります。

その様な小さな改善と定期的な分析を地道に行っていくことが何よりの近道ではないかと私は考えます。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

大局的な視点を持つということが重要とされる意味

TobaEncounter.jpg

皆さんは「鳥羽・伏見の戦い」をご存知でしょうか。

旧幕府軍と新政府軍による戊辰戦争の緒戦となった戦でありこれの終焉とともに、

日本としての新時代としての幕開けともなった大きな時代の転換期としても有名ですね。



この「鳥羽・伏見の戦い」の戦いはもしかすると開戦されることは無かったのかもしれません。

旧幕府軍側としては長期的視点に立った展望で全体像を把握出来ず開戦としての機運が高まり、

結果的に旧幕府軍内部の暴走を抑えきることが出来なかった所に大きなポイントがあると考えます。



「鳥羽・伏見の戦い」以前に既に徳川幕府は「大政奉還」を行っている状態となっている為に、

徳川幕府という存在は消えていましたが徳川宗家としての力は残っている形でした。



そこで新政府としては徳川宗家としての力を衰えさせるために「辞官納地」を命じます。

この「辞官納地」をも徳川慶喜としては受け入れるつもりであったとされており、

新政府としてはこの一連のプロセスを経た後に徳川慶喜の上京にも合意したとされ、

これによって徳川宗家としての復権の模索は叶うかに思われた節がありました。



しかしその頃、薩摩藩では江戸市中において幕府に対して挑発的とも取れる破壊工作を行います。

それに対し江戸薩摩藩邸を焼き討ちするという事態が起こってしまい更に悪化の一途を辿ります。

いよいよ旧幕府内部の抗戦を唱える勢力を抑えきれないという状況まで事態は逼迫する事となり、

徳川慶喜は戦は避けて通れぬと判断するるに至り旧幕府は「討薩」の目的の元京都へ向かいます。



実はこれらの行動は大政奉還を実現した時点で倒すべき幕府の存在は失ってしまっていますが、

徳川宗家としての力は温存している状況が続いている中で倒幕という目標を果たすことは難しく、

倒幕を主目的とし戦を始めさせるための大義名分を得たかった薩摩藩としては恣意的な形でも、

開戦し倒幕をするという形と取りたかったのではないだろうかと考えられています。



薩摩藩が行った破壊工作などの挑発的行為やそれに類する流言などに当然ながら翻弄され、

それによって戦を行う機運が旧幕府体制に高まってしまったことは言う間ではありません。



しかし、起きている事象の真意やそれが起因し何が起こっていくのかという事を冷静に考察し、

再考していく形にて戦に対して借り出させようとしている罠だという事に事前に気がつけば、

徳川宗家としての力を温存した状態にて違った形による歴史があったという考察も可能です。



これらから学ぶべき事は多くあるのではないかと私は考えてはいるのですが中でも思うのは、

「ある事象を様々な角度から捉えて主目的を適切に捉える」ことにあるのではないかと思います。



ある人が発した発言があったとするとその発言を言葉通りに的確に捉えるという力に付け加えて、

色々な情報を繋ぎ合わせ周辺情報なども冷静分析をすることで見えてくる仮説としての主目的。

これを再度、照らし合わせて検証していくというすごく地味に感じてしまうようなプロセスこそ、

感情だけに流されない形で冷静に物事を判断するための指標になっていくのではないでしょうか。



もちろん照らし合わせた上で時には「義」のために感情論を最優先とした行動も必要かもしれません。

しかし、何か事を起こしていこうと考えている人間の場合にはもっと指標レベルを高く持つことで、

「視点・視野・視座」の状況に応じた適切な使い分けをすることが出来るのではないかと思います。



これはインターネットを活用したビジネスを展開する場合にも同じだと考えられます。

売り上げ増という目的に対して様々な複合的要因が絡み合って実現している場合が多いでしょう。

特にインターネットを活用する場合にはツールとしての情報コンテンツが山ほどある中で、

その情報コンテンツに惑わされて一過性のものを実は選択している可能性が大いに高いです。



一過性のツールは実に単純明快で分かりやすくはありますがツールはツールであり、

それその物自体が自分が展開するビジネスにあっているかは自分では分からない物です。

そのツールの特性や持ちえるパフォーマンスについてはインターネットを専業とした、

私たちサクラシティの様な会社が得意ではあります。



それら私たちが提供している情報コンテンツはあくまで参考情報ということを理解し、

自分たちが「何を目的にしているから何にこれが繋がるのか」についてを真剣に考え、

それを密にコミュニケーションさせて頂いていく事でより長期的視点にたった計画策定や、

一過性に捕らわれない形での良質なコンテンツ生成を可能にするのではないかと思っています。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。