スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセスアップが増加することが売上アップに直結しないならどうすればいいか【後編】

菜の花畑

昨日のブログでは以下の様な文面で締めくくりを行いました。

では。直結しないことは分かる。そうなると売上アップに繋げるにはどうしていけばいいのか。

後編のエントリーでは4月以降に私のブログへのアクセス結果についての変化を元にしながら、

アクセスアップが売上アップに直結しないならば何に重点をおけば良いかを考えたいと思います。

小島猛稔の業務丸投げ日記  アクセスアップが増加することが売上アップに直結しないならどうすればいいか【前編】



早速、私のブログの最新の状況を見つつこれらの問題について考えていきたいと思っております。



まず先月からの顕著な変動としてブログへのPV数の比重が非常に増えたという所が挙げられます。

4月1日~4月15日までのPV数を集計すると727PVという数値となるのですが3月1日~3月31日までの、

三月いっぱいのブログへのアクセス数と比較して既に半月で上回っているという状況です。



ではアクセスを流入させている源泉はどこからのアクセスが増えているのかを調べました。



流入元ベスト5

organic 26%(1%UP)

twitter 12%(4%DOWN)

facebook 12%(20%DOWN)

direct 16%(1%UP)





これらを確認し顕著なのは検索エンジンからの流入が全体の20%強を占める形のアクセスとなった事です。

4人に1人の方は検索エンジンからキーワード検索によって私のブログに到達しているという計算になります。

これはソーシャルメディアからのアクセス流入が主なアクセス比重だったものが、

検索エンジンからの流入で少しずつ比重が減っている傾向を示していると考えられます。



この検索エンジンからのユーザは飲食店で考えると向かいの通りを歩いている人という状態です。

さらに当ブログに到達をしているという事は外に置いてあるメニューやたて看板などを見ている状態で、

「お、このランチ気になる」ということで立ち止まってくれている状態であると捉えることが出来ます。



この時、営業熱心な飲食店であればどの様な行動を取るかイメージしてみてください。

例えばお店に出て「すぐご案内できますよ~」というアナウンスと共にお客様を呼び込みしますね。



この様に「迷っているお客様」の背中をポンと押すという施策が重要になってくると考えています。

かつ、「迷っているお客様」は何かのきっかけで立ち止まり道端のメニューを見ているわけです。

今回の場合であれば「ランチ」という決められたジャンルについての角度での提供サービスが、

「迷っているお客様」を生み出すことに成功し一押しで来客に繋げるという施策を生み出すと思います。



アクセスアップが売上に直結しないという事は先に述べたとおりではあるのですが売上に直結させる前に、

何段階かのプロセスを経て初めて売上として繋がっていくというカタチを作り上げることにこだわり、

これをスクラップ&ビルドで段々と近づけていくことでしか売上アップへの道はないと思う所です。



ちなみに私のブログの各エントリーごとにアクセス集計もし始めた所ではありますが、

このアクセス集計も面白い結果になり始めています。



エントリー別アクセス集計ベスト5

1、業平橋駅からとうきょうスカイツリー駅に。愛称も東武スカイツリーラインに。

2、Google アナリティクス管理権限ってどうなっているのかな。

3、サクラシティは今日で9周年を迎えました!

4、Google アナリティクスはアクセスアップのためのサービスなのか。

5、3月のアクセス解析結果です



嬉しいことにGoogle アナリティクスについてのエントリーに対してアクセスが集中し始めていることが分かります。

サクラシティが考えている今後のビジネスモデルにはアクセスデータの分析や解析などは欠かせないものになります。

これらのエントリーが読まれるようになった背景には段々とお店の前でメニューを眺める人は増えた状態である。

だから、この先「一押し」をどうしていくのかという所が課題であるという問題も内包しているとも言えますね。



これらの事を考えますと売上アップとアクセスアップは直結はしないのだが売上アップとなるための施策が重要。

また、アクセスアップをしていくという事は大前提であるが目的を絞ったアクセスアップを目指していくこと。

そしてアクセスをあげるための施策に成功して売上アップに繋がらないと考えることは時期尚早であること。

これらの事を自分なりのコンテンツでループさせられるようになると売上に繋がるといった所でしょうか。



皆さん。アクセスアップをするという事は大前提になります。まだ見知らぬ人からのアクセスであればなお良い。

それをきちんと問い合わせ→売上につなげる為の「一押し」に拘っていけるようにしてみてくださいね。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。