スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランチャイズ経営でも一手間を入れるだけで違うかもしれません

店舗・古民家

経営ノウハウをそのまま継承して直ぐに始められるという印象が強いフランチャイズ経営。

確かにフランチャイズ経営での経営方法は低コストでの事業拡大というメリットが存在し、

大きなブランドの傘の中で行える経営メリットもこれもまた魅力のひとつだと言えるでしょう。



しかし最近ではコンビニエンスストアのフランチャイズ経営において廃棄処理のお弁当の問題や、

手軽な契約が行えるように見えて実はフランチャイズ本部から適切な経営モデルの指導が入らないなど、

フランチャイズでの店舗経営モデルにも大きな変化が顕在化しつつあるというのが現状です。



そんな中でもフランチャイズ店舗を経営して生き残っていく為には一体どうしていけば良いのでしょうか。

私は「地域色に合わせた独自サービスの展開」にヒントがあるのではないだろうかと考えています。

もっと簡単な所で表すと「一手間をかけた」サービスの提供と言っても良いのかもしれません。



フランチャイズ本部からの指導に従い店舗経営を行っていくことは第一前提ではあると思いますが、

居酒屋であれば可能であれば地域特色に合わせた限定メニューの提供や仕入れ経路の地産調達。

コンビニの場合でも少しの地域特色を出したポップ配置などを考えるなど「一手間」は沢山あります。



フランチャイズ経営の良い所は良い所として十分に活かしていけるように考えていくと良いと思いますが、

バイトの確保だけに苦心してしまっているようでは店長と状況は変わらずオーナー兼店長のような、

フランチャイズ経営を行っている事業主については非常に苦しい戦いを強いられる事は容易に想像がつきます。



やはり、一国の城主としてフランチャイズ経営と言えども「一手間」が出来ないかどうかを常に考え、

「趣向を凝らしたサービス」をお客様に提供していくことこそが売上高アップへ繋がる鍵だと思います。



ウェブの場合にも「一手間」は重要です。誤解を恐れずに申し上げれば「一手間」にはお金をかけるべきです。

その「一手間」というものは事業主側に時間的余裕があるのであれば極力、事業主で行えることが望ましい。

しかし、事業主が本業に集中するという時間とを天秤にかけて考えた結果では外に出すという選択肢もありです。



フランチャイズ経営にも言えることではあると思いますが「一手間」程度の際によってだけでも、

(立地だったりということもありますが)収益モデルにも大きな影響をもたらす場合もあります。

その様な小さな改善と定期的な分析を地道に行っていくことが何よりの近道ではないかと私は考えます。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。