スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力すれば報われるという言葉がなぜ存在するのか。

猫(ネコ)
努力をすれば必ず報われるという言葉はあると思いますが私にはそうは思えません。

それは宝くじを買い続けていれば必ず当たるよ!と同じように聞こえてしまいます。

何かの行動を起こそう!と決めたときにやらないよりはやった方が実る確立が高まる。

それは誰の目から見ても至極当たり前である話であることは疑いの余地がありません。



私は実際の所、努力すれば報われると思いながら頑張っている状態であれば、

恐らくその努力は全く報われることはないのではないかと思っています。

では努力を実らせる為の秘訣はなんであるか。それは努力し続ける事しかありません。



私がビジネスを開始した1990年後半はまさに空前の起業ブームでした。

SOHO協会の設立やリクルートで起業独立情報誌「アントレ」の創刊など機運が高まっていたとも言えます。

懐かしい言葉ですがIT革命やe-Japan構想なども、それに拍車をかけました。



同時期に私の周りにも「起業した!」「起業する!」という人が大勢いました。

その中には実は私と同じ歳の子だっていたのですが私は普通のことだと思っていました。

それくらい起業ブームの波にどっぷりとハマってしまってたので当然と言えば当然です。



しかし、一人。また一人と起業としての舞台からは去っていく人が少しずつ現れ始め、

現在まで、その舞台に立ち続けている人というのはそう多くはないのではないかと思います。

では、その彼らは努力をしなかったと言い切れますか?否。決してそんな事はないと思います。



起業したての頃に語り合っていた大きな夢、それを実現するために血の滲む様な努力もしました。

しかし、努力は報われることはなく結果的に忽然と姿と消してしまう。こんな姿を見たことがあります。

忽然とまではいかなくとも、起業という道を止めて新しい道標を見つけるという事もあります。



私は一人、また一人と去っていく中で、気が付くと知らないけどここまで来てしまいました。

それは何故かと考えた時に恐らく、私自身が無理をしていないからだと思っています。

実際の行動としての無理は意外としています。努力もそれなりにはしているつもりです。



しかし、これらも含めて努力している行為その物が楽しくてしかたないという側面もあるのです。

自分は努力しているのだ!というヒューマニズムに支えられたそれ自体というものは、

その期待が大きく裏切られてしまった際に精神的負担を身体に強いることになると思います。

それは自分にとって非常に不幸なことだと思うのです。何もかも嫌になる可能性も有しています。



過大な無理は禁物です。自分の限界の許容量は正確に把握しておく必要性があります。

しかし、瞬間許容量というものも人間にはありますよね。それを上手に引き出すことも重要です。

これらを引き出すことで自分の許容量を自由にコントロールできるようになるかと思います。



やはり根本は今自分がしていることを俯瞰してみた場合に楽しくてしかたがないと感じるかどうか。

この一点に尽きる形ではないかと思いその形ですと努力しているというよりも非常にお気楽に、

「失敗したとしても次があるさ。また明日から頑張ろう」と思えるようになるんじゃないかと思います。



私の好きな格言のひとつに失敗は成功の糧なりというものがあります。

その失敗をし続け、その度に何が悪かったのか。どうすれば良かったのかを考え、

それを次回に繋げていく形でより確かなものへと変えていくことを繰り返す。



これらを地道に続けていくことで成功という定義にまでいかなかったとしても、

自分の中でで気が付くと血や肉になった経験という物が蓄積されていくことで、

人生における新たな展開の局面において役立つのではないかと思いました。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。