スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちが春の訪れを出会いと別れを感じつつも期待を持つ理由。

サクラ 桜の木 枝

4月を迎え各所では春の訪れを待ちわびていたかのように桜が咲き始めましたね。

春は皆さんがご存知の通り出会いと別れの季節ですので古巣より旅立ち新たな道へと進む。

そこには少しの不安と少しの期待など色々な気持ちが入り混じりながらのことだと思います。



私たち社会人にとって4月は一般的には年度末明けという事もあり新規一転の意味も多分にありますが、

学生時代の様な大きなイベントを有しているわけではなく出会いと別れをそれほど意識しないと思いませんか?

最大の近いは卒業式や入学式などの一斉によるイベントが私たちの場合には無いという所だと思います。



逆を言えば人生の転機は一年間のうち意識をしていなければ巡ってくることは無いという事であり、

社会人である場合には一年中のいずれの場合にも転機は巡ってくる場合がある可能性を有し、

毎日の新しい変化を恐れて過ごしてしまう事は、それは停滞している事と同義ではないかと思うのです。



そんな事を言っている私自身は一体どうであったのか。少し自問自答する日々を迎えています。

平坦な日々を生み出していく事に重点を置くあまりに変化を恐れるような形になってしまい、

結果としてチャレンジし続けていくという事を忘れる事に繋がっているのではないかということ。



しかし、一方ではチャレンジし続けていくという観点は新たなワクワクする気持ちを生む事に繋がり、

結果、そのワクワクするという期待の相乗効果によって成長していけるのではないかと感じます。

それには、チャレンジし続けていくという持続的なチャレンジ精神という気持ちが大事であり、

その気持ちが失われていくといつの間にか自分自身を見失ってしまうという事になるのでしょうか。



そんな事を感じながら2012年の4月はどんな事であってもチャレンジすると考えられるように、

着実に一歩一歩ではありますが準備を進められるような月にしたいと思っています。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。