スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google アナリティクス管理権限ってどうなっているのかな。

google-analytics-logo.png
昨日のエントリーにて話題に挙げたGoogle アナリティクスですが、

意外な所で詰まってしまいましてその解決方法が見つかったので思わずシェアしておこうと思います。



このGoogle アナリティクスにはその情報を管理するための紐付け方法に多様性があり、

それがどれだか分からなく混乱してしまうこともしばしばあるご経験はありませんか?

私は迷ってしまいましたが、それぞれに以下の様な名前が決められている事をご存知でしょうか。

・Google アカウント

・Google アナリティクスアカウント

・プロファイル

・プロパティ



これらの種類や特性などは実は全然違うものでして以下の様な分類別となっています。

・Google アカウント



Googleの各種サービスを利用するための共通アカウントのようなもの。

例えばGmailなどとは共通であるためにGmailを使用しているようであれば、

あなたは既にアカウントを開設済みであると理解して頂いて良いと思います。



・Google アナリティクスアカウント



Google アナリティクス単独に設定されているアカウントになります。

これはプロファイルを管理するための包括的なアカウントとなりこれらの管理者は、

アカウント内に設定されている全てのプロファイルの管理者となる権限を有しています。

実はGoogle アナリティクスは一般ユーザと呼ばれる閲覧専用の権限を付与出来る為に、

それらのユーザを管理する管理者権限が必要になりますがそれがこのアカウントですね。



・プロパティ



このプロパティと呼ばれるものがサイトURLに対しての単一で紐付く管理権限です。

プロパティの上限数だけサイトを登録できることになります。


・プロファイル

そしてプロファイルはアナリティクスを使いこなしている方であれば御馴染みですが、

レポート別に対して紐付く管理権限ですのでプロファイルの数だけレポートを作成出来ます。

逆の事を言いますとサイトのコンバージョンが個別ページで違う場合やフィルタの設定など、

一つのサイトで複数の目標や数値管理などをしたい場合には絶大な効力を発揮します。



いかがでしたでしょうか。これらの項目はアカウント作成時点では自動的に作成される項目が多く、

ついつい混同されがちで後々になると分からなくなってしまう項目になることが多いのですが、

これらの事を抑えておくだけでもGoogle アナリティクスを少し有効的に使えると思いますよ。

是非とも、Google アナリティクスをお使いの方もこれから使う方も確認して欲しいですね。

電話の場合は03-5614-0660(平日10時~19時)
FAXの場合は03-5614-0661(24時間年中無休)
お問い合わせフォームはこちらです(24時間年中無休)
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。