スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google アナリティクスはアクセスアップのためのサービスなのか。

google-analytics-logo.png

今やGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)はウェブサイトのアクセス解析サービスとして、

中小企業での導入はもちろんのこと大手企業でもアクセス解析の定番サービスとして定着しています。

このエントリーをご覧の皆さんは、既におなじみと言いますか活用している方もいらっしゃると思います。



このGoogle アナリティクスですがGoogleのお手製のソフトウェアでないことはご存知でしょうか。

2005年に米国のWeb解析ソリューションプロバイダとして有名なUrchin社を買収しまして、

そのUrchinで培われてきた技術などが元になり昨今のGoogle アナリティクスがあるというわけです。



このGoogle アナリティクスですが、私はもちろん積極的に活用しています。

このブログはもちろんのこと、自社ウェブサイトやお客様のウェブサイトなど、

幅広い所でこのGoogle アナリティクスを活用させて頂いております。



このGoogle アナリティクスというウェブサービスは具体的に何が出来るサービスなのでしょうか。

おさらいの意味もこめてGoogleのヘルプよりGoogle アナリティクスは何が出来るのかご紹介します。



Google Analytics では、サイトを訪問したユーザーの参照元やサイト内での行動を把握できます。

広告、キーワード、検索エンジン、メールなどの参照元ごとに、ユーザーの行動や収益性を比較し、サイトのコンテンツやデザインを改善するうえで貴重な参考データを得ることができます。

Google Analytics は、サイトの規模やサイトへのアクセス方法 (オーガニック検索、パートナー サイト、AdWords、または他のクリック単価広告) に関わらず、クリックからコンバージョンまでユーザーの行動をトラッキングできます。

引用:Google Analytics とは - アナリティクス ヘルプ





上の文を私の見解でまとめますとGoogle アナリティクスの基本的な使い方は、

"参照元ごとにユーザの行動特性を把握し改善計画に役立てる"という意味になるかと思います。

特色としてそのアクセスはどこから流れて、どこへ流れたかを注意深く観察しながら、

仮説として検討していたアクセス方法に添った形なのか。違うならば改善すべきなのか。

これらを検証するためのツールがGoogle アナリティクスと言ったところでしょうか。



この様な良い所ばかりのGoogle アナリティクス。ご存知の方も多いかと思いますが、

これらのツールは機能などに使用制限はなく全て無料で使用することが出来ます。

但し、あまり知られていないのですが制約条件があることを皆さんはご存知でしょうか。



無料バージョンで 1 か月にトラッキングできるページビュー数は 5,000,000 回 (1つのアカウントに含まれる全プロファイルの合算ページビュー数) に制限されていますが、有効な AdWords アカウントをお持ちの場合は、トラッキングできるページビュー数に制限はございません。

引用:Google Analytics にはどのくらいの費用がかかりますか。 - アナリティクス ヘルプ





ここで引用した"1つのアカウントに含まれる全プロファイルの合算ページビュー数"の意味ですが、

このプロファイルと呼ばれているものはウェブサイトのドメインを指している形になります。

つまり、登録したいウェブサイト=プロファイルという理解をして頂くと分かりやすいと思います。



Google アナリティクスの1アカウント単位での上限値が月間で500万ページビューとのことですので、

例えば50万ページビューのサイトを10サイト以上に運営しているような方の場合を考えた場合には、

500万ページビューを超えてしまう形になりますのでGoogle アナリティクスを使用する事が出来ません。



つまり、通常の中小企業や大手企業の一部サービスサイトなどに対してのサービスとしては、

Google アナリティクスは実用に耐えうるウェブサービスと考えられますので心配はありませんね。



アクセス解析サービスの活用という話を考えますと、ついアクセスアップへと目がいきがちです。

アクセスアップと言えば、昔のウェブサイトでよく見かけたアクセスカウンタも同様の機能を持ち、

誤解を恐れずに言うのであればアクセスがどうなったの確認にGoogle アナリティクスのような、

高機能なアクセス解析サービスを使用する必要性はないですし高機能すぎて分かりにくいと思います。



つまりGoogle アナリティクスのヘルプにもありますように、Google アナリティクスの持つ強みを実感するには、

そのパフォーマンスを引き出せるのは"参照元ごとにユーザの行動特性を把握し改善計画に役立てる"です。

このサービスは暗に"ウェブサイトを作りっぱなしにせずPDCAを細かく回せ"と言っているように聞こえますね。



自前のウェブサイトを日々の管理更新業務をしていきながらもアクセス解析サービスなどを通じて、

理想像に近いようにアクセスを獲得出来ているか。出来ていなければそれは何故なのかを考え、

改善計画を立ててそれを実践し日々の管理更新業務に戻っていくというサイクル。



これはサクラシティが掲げている"知りたい!を満たす"から派生するテーマに深く関係します。

お客様が考えているビジネスとしての理想像にウェブマーケティングはどう近づけるか。




私はコンバージョンをあげるというだけに留まらず、コンテンツの企画、ユーザビリティの検証、

あらゆる角度から虫眼鏡で注意深く観察するように検証をしていく必要を今深く感じています。

その注意深く観察し検証していくという作業は従来のアクセスアップの考え方の潮流の中では、

比較的、優先度が高いとされていなかったエリアでありましたし現在もそうかもしれません。



しかし、アクセスの流入元がソーシャルメディアの台頭など以前よりも複雑化している中で、

トップページだけをSEO対策で上位表示すればそれで良いという時代は終わりを迎えようとしています。



その時に重要になってくるのはお客様のビジネスの理想的な収益構図の定義だと考えております。

せっかくのアクセスアップも自分が望んでいない形での収益構図ではどうなるでしょうか。

それは逆説的に言えば「私はこの様な形でビジネスを展開したいです」というアピールです。



これは、どちらかと言えばコンテンツ側における考え方と密接に関わってくる部分ではありますが、

このアピールと適切な形でのアクセスアップが作用することで理想的なコンバージョンを生み出すと考えます。

更に踏み込みますとコンバージョンからのリアルに繋がった場合からの離脱率の問題も考えなければいけません。



例えば、ウェブサイトからせっかくの電話による問い合わせに対して期待している形での、

問い合わせ返答が出来なかった場合にはどうなるでしょうか。まさに機会損失に繋がります。



"せっかくのアクセスを機会損失によって失わない"




これにはネットでもリアルでも実に様々な施策を行っていくことが可能だと思いますが、

サクラシティは特にこの分野に注力する形で皆様のビジネスをサポートしていきます。



アクセスアップする方法は沢山あることを知っている。
では、アップした後に具体的にどうしたら良いのだろうか





そんな"知りたい!"を満たすための実践的なノウハウをサクラシティではご提供致します。

お客様の悩みを私「小島」がお伺いしながら無料サイト診断をさせて頂きます。

まずはお気軽にお問い合わせください。



なお、私のブログ経由にてのみ「無料サイト診断」を始めましたので、
お手数お掛け致しますがお問い合わせの際に必ず「ブログを見た」とお伝えいただければと存じます。



小島猛稔の業務丸投げ日記ではメルマガの配信も行っております。

そのメルマガでは私がこのブログを書くにあたってのヒラメキやヒントをくれるサイト。

ちょっと役立つ情報などのサイトなどをご紹介していく私のお気に入りリンクを紹介しています。

さらに、ブログには書くことが難しかった私のビジネスにおけるディープな話題などを提供する時も!?

こちらからご登録の方お願い申し上げます!





電話の場合は03-5614-0660(平日10時~19時)
FAXの場合は03-5614-0661(24時間年中無休)
お問い合わせフォームはこちらです(24時間年中無休)
関連記事

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。