スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅が見頃な季節。梅が花見と呼ばれない理由。

白梅 ウメの花

残念ながらこの写真では無いのですが、茨城県水戸市にある偕楽園では梅が見頃になり始めているそうで。
偕楽園と言えば岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並んで、「日本三名園」の一つとして有名ですよね。
とは言っても偕楽園全体ではまだ1部咲きの状態ではあるようですが一部は既に見頃という事ですね。

「一流」が見頃です | 梅の芳香と歴史の景勝地 偕楽園 | 茨城県営都市公園オフィシャルサイト

さて現代の私たちは「お花見」と言えば桜の花を見に行くことが一般的ですよね。
梅の花というのは二番手と言いますか春の前触れとしてのイメージを持たれている方、多いのでは?

この花見という習慣が民衆にまで広く伝わったのは江戸時代からだそうです。
そして桜の花を見る習慣というのは実は平安時代から始まったということです。
では平安時代以前は何の花を見ていたのでしょうか。そうです「梅」の花だったのです。

時代は遡ること奈良時代まで辿ります。花見の様な高貴なイベントの主役と言えば、
奈良時代ですから貴族なわけですね。貴族行事としての花見が起源だと言われています。
その貴族行事としての主役だった梅の花は残念ながら平安時代に桜に変わってしまいました。

奈良時代は中国から梅が伝来ばかりだったそうで梅が鑑賞対象だったようですが、
奈良時代の代表的書物「万葉集」では桜を詠んだ歌が40種、梅を詠んだ歌が100種だったのが、
平安時代の代表的書物「古今和歌集」では桜を詠んだ歌が梅を詠んだ歌を超えてしまいます。
そして「花」としての代名詞は「梅」から「桜」へとバトンタッチしてしまうのです。

そんな世代交代をされてしまった「梅」の花ですが個人的には、
春の訪れを前にした寒さの中で凛とした美しさを感じますが皆さんはいかがでしょうか。

そんな梅の花には実は花の咲き具合によって名前が付いていることをご存知でしょうか。
梅の花には三種類の咲き具合によっての名前がついているそうなのでご紹介します。

咲き始めて少し咲いている梅の花を観賞することを「深梅」(たんばい)
いっせいに咲き誇り満開の梅の花を観賞することを「賞梅」(しょうばい)
咲き終わって名残惜しみ散り行く梅の花を鑑賞することを「送梅」(そうばい)

「深梅」「賞梅」「送梅」と名前が分かれているなんて、
なんだか、梅の花ってすごい!って気分になりませんか?

今年の梅の花を見に行く際には是非とも見ている最中に甘酒を飲みながら、
「この梅は賞梅だね~」なんて使ってみると梅の花マニアな気分に浸れて、
奈良時代の貴族の気分を味わうことが出来るかもしれませんね。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。