スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回IT実践会に参加して焦燥感を感じた



第二回IT経営実践会は焦りしかなかった。
自分でも真剣にやっていたブログ更新は、それ以上にガッチリやっている人がいた。
やばい、自分。まだまだトップランナーだと思うには早すぎた。

始めている人は既に実践していた。回数とかやり方の問題じゃない。
もう既に一月の第一回から始めていたんだよ。
毎日ブログを更新しているくらいで、いい気になっていた自分が甘すぎた。

一方では、少しずつ、コツコツとを続けていけていることを再確認出来たこと。
この焦りは自分のペースを乱すために使ってはいけない。
大切なのは周りにやっている人はいたんだ。自分も負けるわけにはいかぬ。
と言う認識を持ち戦い続けると言う意思を明確にしていくこと。



一月は私のブログを毎日更新することで癖を付け業務フローへ組み込むチャレンジ。
二月は決まった時間にエントリーをポストしアクセスを安定化させるチャレンジ。
まず一ヶ月くらい続けなくては纏まったデータにならないと考えたから。

二月のアクセス解析結果はは予想通り、アクセスの安定化を示しました。
これが分かって初めて投稿時間について考えられると思うのです。
二月までは投稿時間の固定化がテーマです。一月の会合でもそこまでは決めました。

そして、いよいよ、三月はそれを見直してサイクルを戻る時になります。
ここで自分が一月の第一回で掲げていたサイクルを再掲します。

今までは私のブログ「小島猛稔の業務丸投げ日記」を更新したり、更新しなかったりの頻度が激しかった。
その為、せっかく稼いだアクセスを失うことも多く、ブログが半ば個人的な趣味と化していた傾向にあった。
まずはブログのアクセス安定化を目指して毎日更新することを目指す。

1、ブログの記事をストックし毎日投稿出来るようなシステム作りを目指す
2、毎日、決まった時間に投稿を行う。→今ココ
3、アクセス解析を使いユーザの傾向を分析。
4、ユーザ傾向から仮想読者の設定をする。
5、仮想読者にあった記事をストックし2に戻る。



2の目標は二月で終わり。ところが三月には3~5は一気に処理しなくてはいけないわけです。
つまり三月には仮想読者を設定した上で、初めてサイクルが初期に戻るっていう考えです。

仮想読者だから、現時点の読者層を考慮に入れてもいいし、いれなくても構わないと思っています。
違いは二ヶ月だけど論より証拠。自分のブログに対しての傾向が出ている事によって、より具体的に仮想読者を設定出来るのではないかと思うのです。

一月と二月のアクセス解析を分析するだけでも、かなり色々なものが見えたのも大きな成果だと思います。
ただ現時点までのアクセスはね、一月と二月を比較すると一月が圧倒的に高いのです。

理由なんじゃないかと思っているのは一月は日に二回更新している日もありました。
二月は一回もしてない。だからじゃないのか。でも、まだ分析から仮説の域です。
そうなってくると、一日に何回も何回もブログ更新をし続け加速をつける。
これもまた、正しいことが分かってくるのでないかと思っています。

だから、それらを分析するためにも、まだまだ続けていきます。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。