スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段は言えない言葉を送ろう。

弟よ。成人式おめでとう。

色々な人が色々な事を色々な形で好き放題に言える世の中になった。
俺だって普段は適当なことを言いたいように言っているかもしれない。
価値観の多様性と言えば聞こえはいいが正直迷ってしまう事も多いだろう。

でも、こんな世の中だからこそ「自分はこう想う」事を強く持つ事が大事だ。
「思う」ではない「想う」だよ。


「思う」は一般的に広くおもう場合に使われ、思考・思案・思索・思慮・意思などの漢語をつくるが、

「想う」はある対象を心に浮かべるという気持ちが強く、想起・回想・追想・感想・予想・夢想・空想・発想などの漢語を構成する。
特に、想を練る・楽想・構想・詩想などの語は、絵画や音楽・小説などの組み立てについて考えるという意味を表している。

『ことば』シリーズ29 言葉に関する問答集14」(文化庁)より引用



「ある対象」なんて何でも構わない。「想う」という気持ちが大事。
行動に移すことは人間そう移せるものではない。だが「自分はこう想う」事は誰だって出来る。
今日から想おう。想っていれば必ずそれは何かの結果を導き出す。

「想い」は強ければ強いほど、自分に迷いは無くなる、ノイズは聞こえなくなってくる。
「想い」は強ければ強いほど、自分に自信が付く、周囲に大声で叫びたくなってくる。

「想い」が動き出したとき、自分で周囲に伝えられるようになる。
「想い」が動き出したとき、共鳴した「想い」は集まってくるようになる。

自分も迷うことは多い。だが、必ず前には進めると信じている。
だから、自分の「想い」を大切にしてほしい。頑張ってくれ。
関連記事

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして、ランキングから来ました。
これからもいろいろ参考にさせていただきます!

Re: No title

きゅーさん

コメント頂きまして有難う御座います。
ランキングからお越し頂いたとのこと。
まだまだ至らぬ点が多いブログではありますが、
今後ともよろしくお願い申し上げます。
小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。