スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の周辺

藤沢周平が最近のお気に入りです。

「藤沢周平 父の周辺」が書評で紹介されていて、ふと本棚に藤沢周平が何冊かあった記憶が蘇り漁ってみました。

ってか読んでそうな部類な藤沢周平を読んだ事が無かった…

本棚にあるのは何故でしょう(笑)

って事で今読み進めているのは「回天の門」です。

清河八郎ですよ、幕末ですよ。…まぁ、それは置いておいて。

作中、清河八郎がまだそう名乗る前にしきりに江戸遊学への思いを馳せる、父親に懇願するというなシーンが出ます。

そして実際に江戸遊学へ出ると…

まだ全部読み終わってないのに引き込まれた理由は、今の所ここですね。

現在の大学の原点を垣間見たようで、なんていったらいいんかなぁ…

携帯からだと書くの難しいんで後から別にでも(笑)

興味ある方、是非どうぞ。

以下メモ書き

夢と魅惑の全体主義
制度化される新聞記者
急いでいるときにかぎって信号が赤になるのはなぜ?
アメリカ憲法の呪縛
藤沢周平 父の周辺
テヘランでロリータを読む
帰還せず
リベラリズムとは何か
杉原千畝の悲劇
虚仮の一念
凶刃
刺客
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。