スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンバージョンが上昇したとしても機会損失になる例もある。

コンバージョンアップが思わぬ所で機会損失に

先日よりGoogle アナリティクスの設定や使い方などを取り上げることが多くなっているエントリーが多いですが、

このGoogle アナリティクスは最近は統計によるアクセス解析に加えてリアルタイム検索も搭載しましたね。

このリアルタイム検索は今この瞬間のアクセスやトラフィック、コンテンツなどを分析と言うよりは確認出来る機能で、

やはり、今この瞬間にどんな反応が起こっているのかを知りたいという需要は少なからずあるという事でしょうか。



しかし残念なことにGoogle アナリティクスのリアルタイム検索ではコンバージョンに今この瞬間結びついたかどうか。

実際にユーザはどの様な経路を通ってコンバージョンに結びついているかと言った"本物の成約率"をサポートするには、

リアルタイムに解析することはまだ困難なのでしょうか。データとして表示するという所までは至ってはいないようですね。



アクセスアップのための試みの歴史は検索エンジンの進化と共にあると言っても過言ではありませんね。

一番お手軽な形ではSEO対策というごく当たり前なもの始まり昨今はソーシャルメディア連動などが注目されており、

まだまだネットマーケティングには開拓の余地が多く残されており今後の動向は注目すべき点が多いような気がしています。



そんな中、私は一番お手軽な形としてのアクセスアップの試みとしてSEOを挙げました。

SEOは、その気になれば読者の方でもHTMLの基礎を知っていれば対策を始めることが可能で、

検索エンジンの検索結果に関するアルゴリズムなどを追っていきますと自然的に書いたサイトが、

最後には残れるような仕組みを検索エンジンとしては考えていきたいのだろうなと感じる変更が多いです。



逆説的に言えば誰でもSEO対策自体を始めることは出来ます。その結果もある程度は実感も出来るでしょう。

しかし、それはきちんとユーザに伝わりコンバージョン(お問い合わせ)に結びついている形になっているのでしょうか。



DMやチラシなどの広告戦略と比較した場合には、この点が大きな差になってくるのではないでしょうか。

もちろん、DMやチラシの広告戦略を考えた際にも開封率や視認率などの問題は大きなポイントとして、

そこを研究している方も多くおられますが基本的にはポストに投函して刷った分だけ巻くという業務フローですね。

その場合の方程式としては以下の様な形になると思います。



DMやチラシを撒いた数÷問い合わせ件数=反響





これがインターネットの場合は全くフローが変わります。インターネットは初期段階では反響などありません。

元々見に来る人が居ないので、まず反響が起きる為にアクセス(流入元)自体をきちんと確保する必要性があります。

この見に来る人の増加と共にコンバージョン(問い合わせ)に繋げていくという業務フローを確立していく必要があります。

その場合の方程式としては以下の様な形になると思います。



ユニークユーザ(※1)数÷問い合わせ件数=反響





ちなみに、この方程式をネットマーケティングの世界ではCVR(※2)と呼んだりしている事が多いです。

また、ユニークユーザではなくページビュー(※3)を用いることもありますが、ここでは割愛したいと思います。

これらの両者とも最終的な目的は商品を売りたい、受注に繋げたいなど様々な形ではあるとは思うのですが、

こちら側が接触をしてくてくれたお客様に対して何かを提供して対価を頂きたいというのは間違いがありません。



ここでお気づきでしょうか。問い合わせに落とし込むことが出来たとしても思わぬ落とし穴があることに。




それは・・・



問い合わせ頂いたのに成約に繋げられなかった




最終的には人が介在して商品を販売する場合に、そこに潜在的に存在するリスクですね。

逆に人が介在することで成約に結びつくための後押しに繋がるパターンもありますから、

まさに人が介在するという手段はトレードオフの関係にあると言っても良いのではないかと思います。



いや・・・ちょっと待てよ!?ネットショップやオンラインショップであれば完全に人を介在していないから大丈夫だよ!!

と思っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますがオンラインショップやネットショップの場合でも人は介在しますよね?



・注文前の問い合わせ

・注文時の問い合わせ

・納品スケジュール

・アフターケア





ざっと考えてみただけでも、これだけのサポート体制を敷いた上で問い合わせに望まなくては、

手厚いサポート体制を敷いている他のオンラインショップやネットショップにお客様はスイッチしてしまいます。

重要なのはエンドユーザから見た場合にはインターネットはスイッチングコストが非常に低いということです。



では、コンバージョンアップに成功した後に
打つ手はないということなのでしょうか・・・?




いいえ。決してそんな事はありません。
打つ手はきちんとあったのです。




コンバージョンアップの後に機会損失になってしまう可能性は先に説明した通りかと思います。

私はこう考えました。



メールや電話などからの問い合わせという、

唯一の接触手段に際して、

向こう側にいるエンドユーザの情報量が、

あまりにも少なすぎなのではないかと。




いや、そんな事は分かっているよ。小島さん。

そうは言ったって電話口やメールで成約に至ってもいないエンドユーザ(見込み客)に、

色々なことを聞くなんてことは出来ませんよね。ましてや電話の場合は貴重な時間を頂いている形ですよ。



確かに。それは仰るとおりです。だからこそ。



エンドユーザ(見込み客)の手を煩わせることがなく、

エンドユーザ(見込み客)をガッチリと掴むことができ、

エンドユーザ(見込み客)も満足度アップが期待出来る。


そんなツールをサクラシティでは開発致しました!



従来までのGoogle アナリティクスのエントリーなどからも主眼としていることは実践的なウェブマーケティングです。

エンドユーザの生の声を無視してSEO対策をしたとしても、それはきちんとした成約増に繋がっているのでしょうか。

あるいはせっかくの問い合わせの電話を在庫無しや対応不備で結果的に未制約に繋がってしまっているのでは?



その方法をこのエントリーをご覧のあなただけにコッソリと伝授したいと思っております。



そうです!ついに私。
小島猛稔はメルマガを始めます!




小島さん、メルマガやったらいいじゃない、と常々言われ続けていましたが、

いよいよメルマガの配信をスタートしようかと思い動き始めたところです。



そのメルマガでは私がこのブログを書くにあたってのヒラメキやヒントをくれるサイト。

また、ちょっと役立つ情報などのサイトなどをご紹介していく私のお気に入りリンクを紹介。

また、ブログには書くことが難しかった私のビジネスにおけるディープな話題などを提供予定です。



この動きはより実践的な動きをし本当の問い合わせの実現を目指していきたいと考えています。

そこであまり輪を広げずともブログを普段読んでくださっている読者の皆様だけに先行してアナウンスとさせて頂きました。



こちらからご登録の方お願い申し上げます!




※1ユニークユーザ

アクセス単位のひとつですが、ある限られた期間(例えば一日)にAさんという人が訪問したら1とカウントする指標です。

このAさんが5ページ見た場合にはページビューでは5PVとしてカウントされますがユニークユーザは1UUになります。



※2 CVR:Conversion Rate

ページビューやユニークユーザなどのアクセス単位の指標を元にして、

何割の人がコンバージョン(お問い合わせや最終成果)に結びついたのかを表すための指標です。

CVRがよく使われるパターンとしてはインターネット広告を使用した場合が考えられます。

最終的に得たコンバージョンの数値をそのサイトへのインターネット広告のクリック数などで割れば、

その、インターネット広告を使った投資効果が高いかどうかを判断するための重要な指標になります。



※3 ページビュー

アクセス単位のひとるですが、ページ辺りで計算された「何ページ見られたか」とカウントしている指標です。

通常、ユニークユーザと比較した場合にはページビューの方がページを閲覧すればカウントされるために、

ユニークユーザの方が数値としては少なく、ページビューの方が数値としては多くなる傾向にあります。

スポンサーサイト

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

このブログはなぜ毎日更新を目指しているのかを考えます。

tokei.jpg

私が現在参加しているIT経営実践会ですがその会の目標はただ一つ。

社長自らがITを実践してみて自社のニーズとどう合致させるかを考えること。

この一点をメインにする形で勉強会を行っており私も例外なく実践しています。

(前回のIT経営実践会の募集要項は社長自らのIT経営実践会から見ることができます)



今年の一月に始まったIT経営実践会ですが私自身には今年既に目標を掲げていました。

それは「毎日、ブログの更新を行いアクセスの安定化をはかる」という目標です。

2011年の年末。実家に帰省する電車の中のメモから抜粋する形で皆さんにご紹介したいと思います。



私は「小島猛稔の業務丸投げ日記」というブログを持っている。

しかし、このブログを忙しいという理由の名のもとに更新したり、更新しなかったりの頻度が激しかった。

その為、せっかく稼いだアクセスを失うことも多く、ブログが半ば個人的な趣味と化していた傾向にあった。

まずはアクセスのブログの安定化させる為に毎日更新することを目指す。





まさにこの抜粋したメモが今回ブログ更新に至ったきっかけの元となっている事は間違いなく、

何に使うかに重点を置くよりも安定したアクセスを実現して視認率をあげることに主眼を置いています。

視認率があがるという事はこのブログを基点とし色々な取り組みをご紹介出来るかと考えました。



またブログを更新していくにあたって毎日更新が目標であった以上は更新する事が前提ですが、

その更新をしていくなかでも中長期で振り返りが出来る業務プロセスの設定が必要と考えました。

そこで以下の様にモニタリング項目を設定して実現できる形を作れるようなモデルを考えました。



1、ブログの記事をストックし毎日投稿出来るようなシステム作りを目指す。

2、毎日、決まった時間に投稿を行う。(リピーターの確保という目的)

3、決まった時間帯から推測されるアクセス解析の分析を行いユーザの傾向を分析する。

4、ユーザ傾向によって仮説を立てて、仮想読者を設定する。

5、その仮想読者にあった記事をストックし2に戻る。





どうしても経営者というと売上アップをさせる!という目標を掲げがちです。

「売上をアップさせる!」という目標は正しい。これは至って正しい目標なのですが、

その目標に対して具体的にどの様な「手段」を用いて目標達成を目指すのかの設定が抜けてしまうと、

結果的に目標がお題目となってしまう可能性を秘めてしまうのではないかと考えます。


これらを一個一個実現していくためには具体的には業務プロセスの設定が重要になり、

経営者であれば一度は耳にされたことのあるKPI(※)を設定していく作業と正に同義なのです。

このKPIの設定に対して実践し反省し改善していくというPDCAサイクルを適応する形になります。

※KPI:key performance indicator / 重要業績評価指標



先に掲げていたモニタリングするためのモデルを構築するには少し期間が必要だと分かっていました。

また、このモデルが完成した以降も次の導線作りなどを考えなければいけないことも理解しており、

このモデルケースを最大でどれくらいの期間で完成されるかが重要だと思っていました。



具体的には以下の通りです。

「1、ブログの記事をストックし毎日投稿出来るようなシステム作りを目指す。」については、

これは既に注力していないフローですが初動の頃に毎日更新が出来るかどうか正直な所は不安な部分があり、

ブログのエントリーをストックしておくことによって精神的な安定を保とうと考えた内容になります。



「2、毎日、決まった時間に投稿を行う。(リピーターの確保という目的)」については、

あの人は何時になると更新を必ずするという印象を相手に持ってもらうことによって、

読者の固定化に繋がるのではないかと考えた内容になります。

結果的には現在は朝6時に記事が投稿されるような形での運用を取っています。



「3、決まった時間帯から推測されるアクセス解析の分析を行い読者の傾向を分析する。」については、

決まった時間に投稿することによって時間帯別アクセスを解析すると投稿時間の均一化をはかり、

私のブログにお越しくださってい方は何時くらいにアクセスが集中するのかとデータ化してみることで、

どの様な方々が読者層には多いのかを把握していきたいと考えた内容になります。



「4、ユーザ傾向によって仮説を立てて、仮想読者を設定する。」については、

その時間帯や様々なデータを検証し仮想読者の設定をすることにより、

その方々に合った話題や興味関心が高い話題を提供する事が可能になるかと考え、

それが結果的に読者の皆さんの満足度をあげることに繋がると考えた内容になります。



「5、その仮想読者にあった記事をストックし2に戻る。」については、

結果的には繰り返しをしていかなければならないと考えましたので、

仮想読者の設定が終わればそれをニーズとして捉えエントリーをストックし、

2に戻していきまた実践していくというフローを考えた内容になります。



これらの一連のフローは4月にようやく一回転し2番に戻れそうな予感がしています。

3月を迎えた中での最大の変化は検索エンジンからのオーガニック検索による、

当ブログへの到達が格段に増えたことにありました。



1月、2月とソーシャルメディアからの流入が断然多い中でともすれば顔が見える読者であるわけです。

しかし検索エンジンからのオーガニック検索からの流入ではその人のパーソナリティを知ることは難しく、

検索キーワードとアクセスしたページ、時間帯など限られた情報からニーズを探る必要があると思います。



これは私たちが普段使っているウェブサイトでも同じことが言えると思うのです。

サイクルをきちんと回していかない事にはサイトへの流入も増えず問い合わせも増えることはありません。

そのサイクルをきちんと回す事がIT系の企業を経営している小島猛稔は可能なのかどうか。



ある意味では、その自己挑戦が今回最大の特徴であり実績に繋がると思っています。

自社のサイトやブログの流入や問い合わせなどが成功していない状態で他人のサイトを見る。

これはある種では正解ではあるのですが、私は敢えてそれを今後は否定します。



クリエイティブとマーケティングはその方向性が全然違いますから例えばウェブ制作会社で考えた時に、

数あるウェブ制作会社が自社で顧客獲得に成功していない会社が能力が無いとは言いません。



むしろ、クリエイティブとマーケティングは両輪だと捉えバランス良く回さなくては、

プロモーションは成功したが自己満足で終わった様な気がするという気持ちが残り続け、

結果的には売上効果があったかどうかに疑問符がついたままプロモーション終了という、

発注元も受注元も後味の悪い結果に終わることが多いのではないかと思っています。



私は、まずは自分のブログでそれをきちんと検証して皆さんに価値ある情報をして伝えたい。

その為にも私はブログの毎日更新を目指して更新をしていきたいと思っています。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

27日のアクセス解析から

tokei.jpg

私の方ではIT経営実践会というものを東京日本橋で開催しておりますが、

こちらで掲げている私の目標が「ブログの更新を毎日やってみる」という内容です。




なぜブログを毎日更新することを目指したかについては後日触れたいと思いますが、

ここ最近、毎日更新を維持出来ている形ではあるのですが投稿時間がバラバラなど、

少し皆様にご迷惑をお掛けしてしまっております。申し訳御座いません。



先日の27日は26日からの陸繋ぎで24時間以上の間が空いてしまうなど、

少し更新状態が不安定な状態が続いておりましたが実はこの27日のアクセス結果が、

非常に面白い結果となっていましたのでエントリーとして取り上げたいと思っています。



昨日、丸一日更新を行わなかった為にアクセスが落ちただろうと思っていたのですが、

確認すると意外に2月のボチボチやっていた頃よりもUUが多い形になっていました!

昨日のアクセストラフィックのサマリーは以下の様な分布になりましたのでシェアします。



20% ダイレクト

20% Google

13% 自社サイト

13% Facebook(Feed)

13% Yahoo

7% Yahoo ブログサーチ

7% ブログランキング

7% Facebook(link)





ここで驚いたのは検索からの流入が少しずつではありますが確実に増しているということ。

今日のオーガニック検索のキーワードは以下の通りです。



(not provided)

ファミレス ドリンクバー 比較

一時雨 と 時々雨 どう違うの

外食産業 ドリンクバー ビジネス

千住あんぱん





これらのキーワードで引っかかったエントリーは検索されることを見越した上で、

エントリーの中身を考えて投稿した内容が多く見受けられました。

これらの結果を考えてみても内容を意識した形で投稿すると、

検索上位を意識せずともアクセスはある確証は得ることが出来たと考えています。



オーガニック検索のキーワードに(not provided)という項目が出ているかと思いますが、

こちらについては一本分(下手すると分割で)エントリーが書けてしまいます。

こちらも後日、改めましてエントリーとしたいと考えておりますのでご期待ください。



これらの結果からIT経営実践会との絡みもあり仮説と検証を繰り返す必要があることからも、

少し私の考えているブログのアクセスアップを実現しながらも自分が読ませたい内容を、

きちんと皆さんにも読んで頂く為の方法を考えてみました。



ブログ・サイトに限らず数(ページ)を増やして更新していくという形は正しい。

しかし、ユーザがどのように検索するかを常に意識した上で増やしていくこと。



初動はソーシャルメディア連動などによるアクセス流入に頼って全然構わない。

しかし、オーガニック検索による流入を増やすことが出来ない事には意味が無い。



1、まずは盛んに更新作業を行うか地道に更新を行う。

→ソーシャルメディア連動によるアクセス流入

→アメブロなどであればアメブロ内からのアクセス流入がプラス



2、更新作業をしている中で方向性を考えた内容を投稿し反応を見る。

→ソーシャルメディア連動からの閲覧者をダイレクトアクセスに切り替え(リピーター確保)

→ソーシャルメディア連動の場合は「タイトル」が命。タイトルでの反応を測定。



3、外部(知らない人)からのアクセスを意識した内容を投稿し反応を見る。

→「タイトル」から「内容」へ。アクセスに対しての離脱率や滞在時間に注目。

→同じ傾向の記事などをまとめて「誘導」する施策を考える(PV数増加)



4、検索(オーガニック)からのアクセスを意識した内容を投稿し反応を見る。

→ジャンルや傾向などを絞り込みターゲットの設定を行う。

→過去の記事までさかのぼり検索されている比率が高い記事などを把握。





皆さんはどう感じますでしょうか。これ以外にも様々な方法があるかと思います。

こういう様な方法などもあるのではないかというご意見が御座いましたら、

是非とも情報交換をさせて頂きたいと考えておりますのでご連絡頂ければと存じます。



ちなみに余談ですが4月以降は新しい体制に向けた動きもしていく為に、

ブログの更新頻度なども考えた上で何か重大な発表を行うかもしれません。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

Google アナリティクスのプロファイル削除に手間取りました。

google-analytics-logo.png
Google アナリティクスでプロファイルを削除しようと思った所、

どこに削除項目があるのかが分からずに少し手間取ってしまいました。

備忘録の意味をこめてブログのエントリーにしておきたいと思います。



ga-01.jpg
※クリックすることで拡大します


Google アナリティクスのホーム画面の右上にあります「アカウント管理」をクリックします。



ga-02.jpg
※クリックすることで拡大します


アカウント管理画面に入るかと思いますので「プロファイル設定」をクリックします。



ga-03.jpg
※クリックすることで拡大します



プロファイル設定画面にログインすると右下に「このプロファイルを削除する」という文言が!



まさか、こんな所に削除するボタンがあるなんて結構迷ってしまいましたよ。

Google アナリティクスの画面遷移は時々、こういう遷移がいくつかあったりしますよね。

根気良く探してみてください。必ず見つかると思います(笑)

電話の場合は03-5614-0660(平日10時~19時)
FAXの場合は03-5614-0661(24時間年中無休)
お問い合わせフォームはこちらです(24時間年中無休)

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

Google アナリティクス管理権限ってどうなっているのかな。

google-analytics-logo.png
昨日のエントリーにて話題に挙げたGoogle アナリティクスですが、

意外な所で詰まってしまいましてその解決方法が見つかったので思わずシェアしておこうと思います。



このGoogle アナリティクスにはその情報を管理するための紐付け方法に多様性があり、

それがどれだか分からなく混乱してしまうこともしばしばあるご経験はありませんか?

私は迷ってしまいましたが、それぞれに以下の様な名前が決められている事をご存知でしょうか。

・Google アカウント

・Google アナリティクスアカウント

・プロファイル

・プロパティ



これらの種類や特性などは実は全然違うものでして以下の様な分類別となっています。

・Google アカウント



Googleの各種サービスを利用するための共通アカウントのようなもの。

例えばGmailなどとは共通であるためにGmailを使用しているようであれば、

あなたは既にアカウントを開設済みであると理解して頂いて良いと思います。



・Google アナリティクスアカウント



Google アナリティクス単独に設定されているアカウントになります。

これはプロファイルを管理するための包括的なアカウントとなりこれらの管理者は、

アカウント内に設定されている全てのプロファイルの管理者となる権限を有しています。

実はGoogle アナリティクスは一般ユーザと呼ばれる閲覧専用の権限を付与出来る為に、

それらのユーザを管理する管理者権限が必要になりますがそれがこのアカウントですね。



・プロパティ



このプロパティと呼ばれるものがサイトURLに対しての単一で紐付く管理権限です。

プロパティの上限数だけサイトを登録できることになります。


・プロファイル

そしてプロファイルはアナリティクスを使いこなしている方であれば御馴染みですが、

レポート別に対して紐付く管理権限ですのでプロファイルの数だけレポートを作成出来ます。

逆の事を言いますとサイトのコンバージョンが個別ページで違う場合やフィルタの設定など、

一つのサイトで複数の目標や数値管理などをしたい場合には絶大な効力を発揮します。



いかがでしたでしょうか。これらの項目はアカウント作成時点では自動的に作成される項目が多く、

ついつい混同されがちで後々になると分からなくなってしまう項目になることが多いのですが、

これらの事を抑えておくだけでもGoogle アナリティクスを少し有効的に使えると思いますよ。

是非とも、Google アナリティクスをお使いの方もこれから使う方も確認して欲しいですね。

電話の場合は03-5614-0660(平日10時~19時)
FAXの場合は03-5614-0661(24時間年中無休)
お問い合わせフォームはこちらです(24時間年中無休)

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。