スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の1コマ

昨日、コンビニで公共料金を支払おうと思って出掛けた。

帰ってきてから手元にあったのはオレンジジュースと未払いの公共料金票。

…。

今日は雨が降るから傘を持ってかないとと朝起きた時から認識していた。
だが忘れた。

駅までの道のりで思い出す。

…。

帰宅。

傘ゲット。

…。

駅に入って改札入る直前、さっき机の上で確認した講義で使う本を忘れたことに気がついた。

…。

まじかよ…電車乗るって(笑)

どんだけぇ(笑)
スポンサーサイト

おはよう~

20080523045812
20080523045810
20080523045808
騒がしい都会の夜だって眠る時間があるという。

夜というか朝だけど(笑)

騒がしい都会の夜だって眠る時間があるという。

どうやら今の僕にはないようだ。

時間短縮

現在の学校は豊洲にあります。
東京メトロ有楽町線、豊洲駅なわけです。
会社の地下鉄最寄駅は日比谷線、入谷駅なので入谷駅から豊洲駅となります。

日比谷駅~有楽町駅間で乗り換えを行っていたのですが、最近、新富町~築地間でも乗り換えが行えることに気がつきました。

一旦地上に出ないと行けないという制約がありますが、なんと10分~15以上の時間短縮に成功!

一週間で5日学校には通っていますので16.6~25時間/月の時間短縮に成功の計算。
一日近い時間を短縮できてしまうというのは素晴らしいですね。

私の中でのアクションを起こす際に心がけていることがあります。
それは、「一日48時間生活」という概念です。

字の如く24時間を無理やり48時間として換算してしまおうという考え方。

他人に合わせなければならない時間って誰でもありますよね?
それは仕方ありません、24時間換算に戻すしかありません。

しかし、自分のための時間はどうでしょうか。
毎日の生活が10分の経過時間を必要に応じて、「あ、20分経っちゃった」と感じる、考える必要性。

これは時間が有限であると同時に、有効的に使おうという意味で意識するという提言なので、無理をして時間を削るという概念ではないことは誤解のないようにお願いします。

しかし、いくら格差があるとは言え、人間は生きられる長さは格差があるとは言えます。
しかし、今このタイミングに与えられている時間の長さは全て平等です。

この時間という絶対的な格差のないものこそ、本当は一番の格差がつけられる部分であり差が現れる部分だと思うのです。

久々の

20080514143232
展示会なわけだが。

いやっほ~

20080506231511
ゴールデンウイークが終わりました。

皆さんはいい思い出出来ましたか?

え?僕は出来たと思います。

ってことで今から出社します(笑)

頑張るぜぇ~!
小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。