スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小島がサクラシティの事業を変えていく決定した大きな理由

都心 東京 高層ビル群

まず関係者の皆様には今回の件にて色々とご迷惑お掛けしていることをお詫び申し上げます。

今回は取り急ぎのブログエントリーとなってしまうことをお許し頂ければと存じます。



4月14日更新分のブログエントリーでサクラシティが大きく変わる決定をしたと触れたかと思います。

これの一環として、ちょうど一年前に移転した日本橋本社を撤退することを決定しました。

実際は撤退と表現せずに移転と表現しても問題無いのですがこのブログでは撤退と表現させてください。



サクラシティとして従来までの経営スタンスは「ひたすらに走る。ガンガン前へ」というスタンスでした。

これは、私の今の心中として変わってはいませんし、これからも変わらないという風に考えています。

しかし少し前から、この経営スタンスではうまくやっていけないという心理的切迫感があったのも事実です。



言葉で表現することは難しいのですが「芯」と言う表現と言いますか「コア」と言う表現の方が正しいでしょうか。

中学生の頃に感じた、あの気持ちを可視化することが出来ずに厳しい表現になりますがノリと勢いだけで、

周囲の方々を巻き込めるものはなんでも巻き込むという状態で創業以来9年走ってまいりました。



しかし、この会社はどういう方向性に向かい何を目指していきたいのか。それは自分たちに合っているのか。

日に日にサクラシティの成長性を実感していくなか、長期的目標を打ち出す必要性に迫られていました。

しかし、その目標を生み出すに当たって非常に大きな壁にぶち当たってしまいました。



それは私自身がひたすら走ってきた人間だったこともあり感覚的行動に近い行動プロセスを可視化する作業は、

想像以上に難しく。と言うよりは人に伝えるためのプロセスを難しく考えすぎてしまった事に悩んでしまいました。

可視化しないで粘り強く語り続けるという方法もあったかもしれませんしプロセスは何通りもあると思います。

どれを選んだとしてもそれはそれで問題はないと思っています。ただ自分にそれは合わなかったというだけです。



その可視化するという作業は「なぜ小島猛稔は起業するに至ったのか」という原点回帰にまで到達してしまい、

その結果、遅くて笑われてしまいそうですが9年目にして企業理念としても納得のいくものが出来ました。

私が企業理念を見つけた際にエントリーしたブログはこちらから読むことができます。



これらの動きはITに関してはなんでもやるにするという体制によって企業成長を考えていたサクラシティが、

なんでもやっていることが返って疲弊を招いてしまい専門性が失われているのではないだろうかという考え、

これらの現状を打破するためにも一度、サクラシティとしてはリセットすべきだろうという結論に至りました。



サクラシティをリセットするという事は即ち私自身もリセットするという事と同義だと思っております。

環境を変えようが従業員を刷新しようが私自身が変わっていかないことには何も変化は起こりません。

これらの事を踏まえてサクラシティとしての新しいステップを踏み出すためにもコンパクトになる選択をしました。



実際には原点回帰している企業理念ではあったのですが一巡してようやく戻ってきた形になります。

この企業理念から派生していき構築してくであろうサクラシティは今とは別物になっていくだろうと考えます。

「ひたすら走る。ガンガン前へ」というスタンスはこれからも変わらず。でも何でもやるという訳ではないからです。



成長性を前提とした戦略の前にはどんどんやっていくというバブル状態を前提とすれば良いために、

「何でもやる=何も出来ない」という事など気にせず突っ走っていくという事のみが自己を支えると思います。

しかし、それが一度崩壊の兆しを見せてしまったら最後。脆くも崩れ去ってしまう可能性も内包しています。



しかし、サクラシティという会社は従来まではその可能性は内包していたままに成長を続けていたと思います。

これらの成長が止まってしまった時、ただ嘆くだけではなくてどうしたら良いのかの解が今回の決定です。

今、リアルタイムで起こっている事をエントリーとしてまとめているのでまとまった文章ではないかもしれませんが、

新生サクラシティとしての動きを進めていく前に書き留めておきたかったのでエントリーしてみました。



新しい動きを行っていくためにも現状をきちんと整理することに今は注力したいと思っております。
スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

埼玉県本庄市に行ってきました!

里山を流れる清流 下流 森

たまには個人的なことをブログにエントリーしてみようと思います。

写真は全然関係ないのですが埼玉県は本庄市へ行ってまいりました。



東京から本庄まで行きは自動車で帰りは電車でという移動だったのですが、

所要時間にして1時間半~2時間くらいはかかったかと思います。

いやぁ・・・埼玉だと思っていても意外と距離があるもんなんですねぇ・・・。



本日は弊社がやろうとしているサービスサイトのサービスパートナーのお話と、

以前、ブログに書き込みさせて頂いてから一度お会いしたいと思っていた社長さんに、

ようやく今回はお会いする機会を頂きまして2年越しの初対面という形となりました。



両方とも非常に身のある話になった手ごたえを感じ人との出会いに感謝するとともに、

同時に、まずは動いてみてガンガン進めていく!という価値観が自分には合うと思いました。

この動いてみるという価値観がきちんと成果として繋がるように頑張りたいなと思います。

明日以降も自分を信じてガンガン進むぞ!

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

サクラシティは今日で9周年を迎えました!

スイーツ パイ イチゴ
今日4月4日は私の会社であるサクラシティが設立より9周年を迎える事となりました。

2003年の法人設立より気が付くと2012年となり時の流れの速さを感じると共に、

ここまでサクラシティとしてやってこれたことに改めまして感謝をしたいと思っております。



これも一重に長きに渡って支えていただいているお客様を初め、

私には勿体無いくらいの優秀なメンバーやパートナー。

そして何よりもこの様な活動を認めてやってみろと言って下さった両親。



全てのサクラシティに関わっていただいている人に対しまして、

改めまして「ありがとう」と申し上げたいと思っております。



埼玉県さいたま市(与野)の少し床の傾斜があったボロアパートのキッチンを拠点としていた、

当時のサクラシティは大家さんに事務所使用をしている事がばれてしまい止む無く撤退することになり、

急遽近場の与野公園の南側にあるアパートにに移すと同時に5畳に満たない一室を占拠(笑)



思えば4月4日の今日。

ようやく事務所(らしい部屋)を構えた段階でサクラシティを法人組織として立ち上げる事を決意し、

10人近くの男たちが5畳の部屋にギュウギュウ詰めで集まり「サクラシティ」の決起集会が行われました。

それが2003年の4月4日であったと記憶しております。



当時、会社法が改正される直前にて株式会社も有限会社も最低資本金が必要でした。

その資本金を一度、金庫に入れたら使ってはいけないと勘違いをしていた高校生の私は、

色々な本やインターネットの情報を読み漁りまくりました。



すると、資本金や規制などが比較的緩いと言われていた合資会社を選択することになり、

法人設立に当たっては親権同意が必要とのことで両親を必死になって口説き落とした記憶が蘇ります。

最後に父はただ一言「自分の責任において自分でやってみろ」というようなニュアンスで印鑑を押しました。

その後、様々な紆余曲折を経て私は原点回帰に戻ろうとしています。



「自分の責任において自分でやってみろ」これが私にとっての原点回帰の一つでもあります。

10周年を目前として自分は何を成さなくてはならないかを今一度深く考えて、

行動に起こしていき実践していきたいと思っています。



今後ともサクラシティをよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

私たちが春の訪れを出会いと別れを感じつつも期待を持つ理由。

サクラ 桜の木 枝

4月を迎え各所では春の訪れを待ちわびていたかのように桜が咲き始めましたね。

春は皆さんがご存知の通り出会いと別れの季節ですので古巣より旅立ち新たな道へと進む。

そこには少しの不安と少しの期待など色々な気持ちが入り混じりながらのことだと思います。



私たち社会人にとって4月は一般的には年度末明けという事もあり新規一転の意味も多分にありますが、

学生時代の様な大きなイベントを有しているわけではなく出会いと別れをそれほど意識しないと思いませんか?

最大の近いは卒業式や入学式などの一斉によるイベントが私たちの場合には無いという所だと思います。



逆を言えば人生の転機は一年間のうち意識をしていなければ巡ってくることは無いという事であり、

社会人である場合には一年中のいずれの場合にも転機は巡ってくる場合がある可能性を有し、

毎日の新しい変化を恐れて過ごしてしまう事は、それは停滞している事と同義ではないかと思うのです。



そんな事を言っている私自身は一体どうであったのか。少し自問自答する日々を迎えています。

平坦な日々を生み出していく事に重点を置くあまりに変化を恐れるような形になってしまい、

結果としてチャレンジし続けていくという事を忘れる事に繋がっているのではないかということ。



しかし、一方ではチャレンジし続けていくという観点は新たなワクワクする気持ちを生む事に繋がり、

結果、そのワクワクするという期待の相乗効果によって成長していけるのではないかと感じます。

それには、チャレンジし続けていくという持続的なチャレンジ精神という気持ちが大事であり、

その気持ちが失われていくといつの間にか自分自身を見失ってしまうという事になるのでしょうか。



そんな事を感じながら2012年の4月はどんな事であってもチャレンジすると考えられるように、

着実に一歩一歩ではありますが準備を進められるような月にしたいと思っています。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

昨夜の大きな地震。気象庁から経過発表が出ているようです。

風鈴・貝殻

昨夜、大きな揺れがありましたね。

その大きな揺れになった千葉県東方沖を震源とした強い地震ですが、
それ以降に千葉県を中心とし震度1の地震が頻発しているようです。
これを受けて気象庁が本地震についての現在の状況を発表しています。
念のため注視しておいた方が良いかもしれません。

地震情報(地震の活動状況等に関する情報)
平成24年 3月14日22時36分 気象庁発表

「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」(第64報)-平成2
4年3月14日21時05分頃の千葉県東方沖の地震-について、14日2
2時30分現在の概要を以下のとおりお知らせします。

*** 地震の概要 ***
発生日時:3月14日21時05分
マグニチュード:6.1(暫定値)
場所および深さ:千葉県東方沖、深さ15km(暫定値)
発震機構等:西北西・東南東方向に張力軸を持つ型 (速報)

*** 震度の観測状況 ***
【最大震度5強】茨城県神栖市(カミスシ)、千葉県銚子市(チョウシシ)
で震度5強、茨城県日立市(ヒタチシ)、千葉県旭市(アサヒシ)で震度5
弱を観測したほか、関東地方を中心に、東北地方から中部地方にかけて震度
4から1を観測しました。

*** 余震活動の状況 ***
 14日21時50分現在、震度1以上を観測した余震は5回発生していま
す。(震度1:5回)

*** 防災上の留意事項 ***
 揺れの強かった地域では、土砂災害や家屋の倒壊などの危険性が高まって
いるおそれがありますので、引き続き余震による揺れに十分注意してくださ
い。
 茨城県、千葉県九十九里・外房で若干の海面変動が予想されますが、被害
の心配はありません。

*** 緊急地震速報の発表 ***
 この地震に対し、地震検知から14.5秒後の21時05分21.7秒に
緊急地震速報(警報)を発表しました。

 地震情報、津波情報等は最新の情報をご覧下さい。
 なお、現在発表している情報は気象庁ホームページで公表しております。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20120314223643387-010000.html



地震はいつくるか分かりませんが日頃から少しでも備えておけば、
少なくとも万一の地震の際の安心には繋がるはずです。

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

小島猛稔について
サクラシティについて
プロフィール

小島猛稔

Author:小島猛稔
小学生の頃にパソコンやインターネットが持つ魅力に夢中になりました。それが高じて中学生の頃にSOHO活動を始め、高校生になり法人化を行いました。気がつくと大学院を卒業し、小さな会社ではありますがメンバーを迎え入れられるようになっていました。「学生起業家」として歩んだ話はもちろんですが、日々どの様な事を考えて、何をやろうとしているのか。それらの話を毎日更新を目指し書き綴れればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

最近の記事
お仕事のご依頼などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。